「2歳頃から娘にシンナー与えた」 公判で33歳トンデモ母の行状判明

印刷

   愛知県で、33歳の母親が14歳の長女にシンナーを与えたとして、逮捕・起訴された。公判では、長女が何と2歳の時から5歳ごろまでシンナーが与えられていたことが明らかになっている。

   三重県警四日市南署は2010年7月5日、愛知県西尾市在住の無職の女(33)を毒物及び劇物取締法(シンナーの知情授与)の疑いで逮捕した、と発表した。

当初母親は容疑を否認

   発表によると、女は10年6月15日23時頃、14歳の長女=同法違反容疑で書類送検=に対して、吸引するのを知りながら、トルエンを含むシンナー125ミリリットルを与えた疑いを持たれている。

   四日市南署によると、6月に長女を検挙した際に入手経路を追及したところ、母親の関与が明るみに出たという。

   地元紙などの報道を総合すると、長女は母親の元夫(父親)と、三重県四日市市に同居。長女が母親の家から帰宅後、シンナーを吸っていることに元夫が気付き、6月16日未明、四日市南署に通報した。同署の調べでは、長女は、「5~6歳からシンナーの吸い方を教わった。(母親の家に)遊びに行った時も一緒に吸った」などと供述したが、母親は容疑を否認したという。

シンナーを5歳の時まで与える

   母親はその後起訴され、9月7日に津地裁四日市支部で開かれた初公判では、検察側は新たな事実を指摘した。起訴状では、母親が長女に与えたとされるシンナーの量が20ミリと警察の発表よりも少なくなった一方、検察側は冒頭陳述などで、「母親は、長女が2歳の時、誤って吸ったのをきっかけにシンナーを吸わせるようになった。5歳の時まで与えた」などと指摘。母親も起訴事実を認めた。

   警察庁生活安全局少年課の調べによると、少年がシンナー等の摂取・所持で送致される件数は減少の一途。00年には3417人いた送致人数が、09年には385件と約1割に減少。その中でも、中学生は44人で、そのうち女子は29人だ。それだけに、この事件の異様さが浮き彫りになっている形だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中