ウォークマンがiPodを逆転 「一ヶ月天下だ」の見方も

印刷

   ソニーの携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」の日本国内販売台数シェアが、2010年8月に米アップルの「iPod(アイポッド)」を逆転し首位に立った。民間調査会社BCNが家電量販店の調査を始めた2001年11月以来、月間販売でソニーの首位は初めて。

   ただ、アップルは全面刷新したiPodを9月上旬に発売するため「1カ月天下」を指摘する向きもある。一方、両社は海外でのネット配信サービス強化を相次いで発表しており、ここへきてハード、ソフト両面の競争が激化している。

音質向上させたウォークマンの支持が広がる

   ソニーのウォークマンは1979年の発売以来、歩きながら聞くという独創的な発想やデザインなどが国内外に浸透し、ブランド力のある一大音響製品群に成長した。しかし、携帯音楽プレーヤーがカセットテープやMD(ミニディスク)に録音した音楽を再生する段階から、音楽自体をデータとしてどんどん取り込む時代に移るなか、圧倒的な曲数を誇る音楽配信サービス「iTunes(アイチューンズ)」と一体となったiPodが2001年の投入以来、市場を席巻した。日本国内でも一時はiPodの販売台数シェアが8割を超える時期もあるなど、ウォークマンは後塵を拝す状況が続いた。

   しかし、最近1~2年、特にソニーのブランド力が強い国内では、主力機種が2割程度安く、「音楽専用」を打ち出して音質を向上させたウォークマンの支持が広がった。シェアも徐々にばん回し、8月にはついに逆転した。

   とはいえ、首位を維持できるかどうかは楽観できない。アップルが発表した新たな主力機種「iPodナノ」は、従来品の約半分の大きさで、最近流行している画面を触って操作するタッチスクリーンを採用。価格は8ギガバイトのモデルで1万3800円と旧モデルより1000円値下げした。

音楽配信で先行するアップルを追撃

   これでもウォークマンの主力機種より2000円高いとはいえ、こうしたアップルのフルモデルチェンジ攻勢に「9月のシェア再逆転は確実」(ITアナリスト)との見方も出ている。さらに、世界市場ではウォークマンの存在感は「圧倒的にiPodに劣る」(電機メーカー)のも事実で、日本というマザーマーケットでソニーがどこまで踏ん張れるかが、注目される。

   一方、アップルは新iPod発表と同時に、米国で、1話99セント(約83円)で視聴期限のあるテレビ番組のレンタル配信を始める、と発表した。米ネットワークテレビABCなどの番組が対象。低価格を武器に、音楽配信で培ったノウハウも活用し、iTunesによる動画配信で本格攻勢をかける。また、ネット経由で配信された番組などを家庭用テレビで楽しむ装置「アップルTV」の新製品発売も発表した。

   ソニーも2010年9月2日、4月に米国で始めたネット対応テレビ向けビデオ配信サービス「Qriocity(キュリオシティ)」の新サービスとして、音楽配信事業を年内に始めると発表した。音楽はソニーの液晶テレビ「ブラビア」のネット対応機種などで楽しめる。音楽配信で先行するアップルの追撃態勢を整える狙い。今や「強者」の地位にあるアップルにどこまで追いつけるかは、使い勝手の向上やソフトの充実などがカギになりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中