銀座三越リニューアル 売り場面積1.5倍に

印刷

   銀座三越が2010年9月11日、リニューアルオープンする。売り場面積は1.5倍、約3万6000平方メートルになる。

   ブランドの垣根を越えて、欲しい物を探しやすい商品配置にした。それらを使用するシーンを想定して関連の品々がまとめられていて、さまざまな商品を比較しながら買い物することができる。

   各フロアに設けられたのは「銀座スタイル」スペース。4階にあるパーティースタイルコーナーでは、ドレス単独ではなく、それに合うバッグ、アクセサリー、タイツなども紹介する。地下2階の洋菓子売り場では、それぞれの味にマッチした紅茶を勧める。

   1フロアから2フロアに売り場を拡大したメンズファッションでは、好きな生地、好きなブランド、好きな型を選んで、スーツをオーダーできる。ブランドによって使える生地が限定されたこれまでと違って、バイヤーが厳選した150種類の生地を客の好みに応じて提供できるという。

   銀座4丁目交差点に面した従来の敷地を東側に拡張、買い物途中に休憩ができるスペースをゆったり確保した。駐車場・駐輪場も銀座エリアでは最大規模で、自動車399台、バイク22台、自転車192台を収容できる。気軽に立ち寄り、銀座の文化をゆったり感じられるスポットが誕生する。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中