「ヱヴァンゲリヲン」絵コンテ「流出」 アスカの顔の皮剥がされ「吐き気がする」

印刷

   大ヒットしたアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で映像化されなかった絵コンテがネット上に「流出」、その絵コンテの中身が陰惨すぎるとネットで騒動になっている。その中身とは、ヒロイン「式波・アスカ・ラングレー」の顔に無数の針が突き刺さり顔の皮が剥がされる、というもの。

   ネットでは「吐き気がする」「アスカの扱いがぞんざいで、どこまでアスカを貶めるつもりだ」などといった批判が出ている。

無数の針がアスカの目や頬に突き刺さり…

   ヱヴァンゲリヲンの劇場版「破」は2009年6月に全国劇場公開された。興行収入が40億円となる大ヒットになり、10年5月26日に発売された劇場版のDVD、BDも2週間で合計100万枚を超えるなど社会現象になった。

   「流出」した「破」の絵コンテはアスカの戦闘シーン。ヱヴァンゲリヲンに搭乗していると思われるアスカの前方に無数の針の集合体が現れる。その針がアスカの体に向かって伸び、アスカが前に出した手を貫通し目や頬に突き刺さり、最後に顔全体を覆う。そしてアスカの顔の皮を剥ぎ取っていく。剥がれた顔面の顔は登場キャラの「渚カヲル」の顔になる。アスカの顔の中から出た黒い針はアスカの全身を貫き、アスカの全身がヤマアラシのようになってしまう、という内容だ。

   ネットではこの絵コンテに対し、

「やめろーーーーー!」「グロかったり残酷にすればいいってもんじゃないしね」「これマジなら俺はどうすればいいんだよ、、、死にたい」「仮にアスカ嫌いな人でもここまで考えつかないわ。 スタッフや庵野が少し怖くなったw」

などといった批判の書き込みが多く出た。また、「破」ではアスカを魅力的に描いておらず扱い方がぞんざいだったとし、「スタッフがアスカを嫌いだったのがはっきりした」などと感想を述べる人もいた。

全集を読むと謎は解ける

   実はこの絵コンテ、2010年9月6日に発売された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 全記録全集」に収録されているもの。「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの制作会社ガイナックスに話を聞くと、この全集には「破」のメイキング資料がすべて盛り込まれていて、企画段階で提示されたものの結局はボツになった資料や絵コンテ、映像写真も含まれているという。話題になっている「アスカ」の絵コンテも映像化されなかったものだ。それを誰かが違法にアップし、こうした騒ぎになった。

   同社の担当者によれば、全集は約500ページ、その半分は監督や制作スタッフのインタビューが掲載されている。

「確かにあのシーンだけを抜き出して見るとショッキングに感じる人もいるとは思うが、通して読めばあのアスカの展開が出てくるのは不思議なことではない。どうしてあのシーンが提案され、そして映像化されなかったのか、インタビューを読めばわかっていただけると思います」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中