「過労による体調不良」なのか 玉置浩二の奇行、公演中止

印刷

   「安全地帯」のボーカル玉置浩二さん(52)がライブ中に異様な行動をしたと、波紋を呼んでいる。問題なかった公演もあるというが、何があったのか。

   タレントの青田典子さん(42)と熱愛のうえ入籍した玉置浩二さんが、今度は、7年ぶり全国ツアー中の「異変」で話題だ。

突然叫んだり、寝転がったり…

大阪公演は本人が説明
大阪公演は本人が説明

   スポーツ紙各紙によると、玉置さんは、2010年9月7日の安全地帯・大阪公演で、1曲目から突然叫ぶように歌ったり、ステージ上で寝転がったりするような奇行を見せた。メドレーでは、ほかのメンバーにマイクを渡したり、女性客をステージ上に上げて抱きしめながら歌ったりした。

   一部で激怒したファンもいたようだが、玉置さんは、「俺のことが嫌いだったら帰って」などと話したともされている。そして、残り4曲を残してライブを切り上げたという。

   さらに、同12日の福岡公演では、出だしからろれつが回らない状態で、不満を漏らしたファンと口論になることもあった。メンバーの一部が途中でいなくなり、途中で帰る客も次々に出た。ネット上では、ブログなどに、さらに生々しい異変の場面も相次いで書き込まれている。

   最終的に、主催者側がステージ上で謝罪してライブを中止し、チケット代の全額払い戻しを伝えた。このライブでは、7800円で販売の2300席が完売している。

   大阪公演について、スポーツ紙では、久しぶりの長いツアーや酷暑などの影響もあったのか、玉置さんが体調不良だったと伝えている。しかし、玉置さんは、主催者のキョードー大阪などのサイト上で、「よりいいものを観て頂きたくトライした結果」と説明した。前日の大阪公演とは違う流れを作ろうとしたが、ちょっとしたトラブルでフィーリングを変えた結果だと理解を求めている。

   また、福岡公演については、主催者のキョードー西日本がサイト上で2010年9月13日、玉置さんの「過労による体調不良」が原因で中止したと説明した。

1998年の公演中止でも、「奇行」の報告

   安全地帯の全国ツアーは、2010年7月3日からスタートしており、それまで問題などは報告されていない。また、大阪と福岡の合間にあった9月9日の香川公演では、玉置浩二さんは2時間で20曲以上を歌っており、通常の歌いぶりだったという。

   大阪と福岡で、同じような異変が報じられているが、何が起きたのか。

   キョードー大阪の広報担当者は、取材に対し、スポーツ紙報道にある体調不良の理由や大阪公演の中止については否定した。ただ、ライブ中の異様な行動については、なぜなのかはよく分からないとしている。

   また、福岡公演については、キョードー西日本のチケット部では、体調不良ということしか聞いていないという。なぜ玉置さんのろれつが回らなくなったりファンと口論したりしたかについては、一切分からないというのだ。

   9月13日の熊本公演については、体調が戻ったとして、予定通り行うとした。1500人分がすでに完売だという。また、10月3日まで38公演ある全国ツアーのうち、同社では、9月15日の宮崎公演も予定通り行いたいとしている。こちらは、1800人分の3分の2がすでに売れたという。

   ちなみに、玉置さんは、東京都内で1998年12月13日にあったソロの全国ツアー最終公演で、体調不良だとして途中で中止したと報じられている。このときも、曲をやり直したり、ステージに引っ込んでしまったりするなどの「奇行」が見られたという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中