アイフォーン4またも「非推奨」 米の消費者専門誌

印刷

   米国の消費者専門誌「コンシューマー・リポート(CR)」は2010年9月13日、米アップルの多機能携帯電話「アイフォーン(iPhone)4」について、2回目となる「購入を推奨しない」との評価を出した。

   同誌は10年7月、アイフォーン4が持ち方によって電波の受信障害が発生する問題を取り上げ、購入については「非推奨」とした。その後アップルは、問題の解決法として、アイフォーン4の購入者に電話機を覆うケースの無償配布を実施。しかし9月10日には、「当初想定していたよりも問題は小さかった」として、無料配布の規模を大幅に縮小することを発表。今後は、問題が起きた際には購入者自らアップルに連絡して、ケースを申し込まなければならなくなる。ケースの種類も限定される。

   この対応についてCR誌は、「設計上の欠陥の対策について、所有者に負担を押しつけることは受け入れられない」として、再度「推奨せず」を出した模様だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中