毎日何回でも1%割引します 西友からウォルマートカード

印刷

   世界最大の小売チェーン・ウォルマート傘下にある西友は、毎日何回買い物をしても1%の割引サービスが受けられる「ウォルマートカード」を2010年10月1日から発行すると、9月13日、発表した。サービスは、全国371 店舗の西友、LIVIN、サニーの店頭で受けられる。

低価格イメージの浸透図る

   ウォルマートカードは、クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行する。これまで西友では、既存の「セゾンカード」利用者に対して、毎月5日・20日には5%の割引サービスを行ってきた。新しいカードなら、この5%割引に加え、ほかの日に買い物をしても1%の割引を実施するという。

   西友はウォルマートの世界的な低価格戦略「Every Day Low Price(毎日お買い得)」をこれまでも推進してきた。新カードの発行は、さらなる低価格イメージの浸透を図り、顧客拡大を狙ったものだ。

   西友は、経営再建のためウォルマート傘下に入った02年から、低価格戦略を推し進めてきたが、業績はしばらく低調で赤字が続いた。ところが、09年ごろから業績は好転。850円ジーパンの発売や、他社チラシを持参した客には同じ商品を安く販売するなど話題を集め、来店客数を伸ばしてきた。

店名「ウォルマート」に変更か

   ところで、発表されたウォルマートカードを見ると「西友」の文字が見当たらない。このことから店名が西友からウォルマートに変わるのではないか、といった憶測が飛び交っている。朝日新聞は10年9月14日付けで、「西友からウォルマートへ店名変更の布石? カード発行へ」と題して報じた。

   J-CASTニュースの取材に対し、西友の広報担当者は名称変更について「未定です」との回答をした。しかし、東京・赤羽の本社には7月15日からウォルマートの看板が掲げられるようになった。店名はまだしも、ウォルマートとの関係をさらに強化するのは間違いなさそうだ。組織力を生かした商品仕入れで、あっと驚く超低価格を今後も打ち出してくるか。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中