オフィスでデパ地下弁当 大丸東京店、宅配サービス

印刷

   大丸東京店(東京・千代田区)は、地域のオフィスに向けた弁当宅配サービスを2010年11月から開始する。配達エリアは千代田、中央、港の3区内。注文すると、デパ地下の弁当、約160種類から好きなものを選んで取り寄せることができる。

   同店地下1階の弁当売り場には、600を超える弁当が販売されている。東京駅に隣接していることもあり、出張前のビジネスマンや旅行者が立ち寄るスポットとしても評判だ。オフィスに取り寄せできる弁当は、フロアに出店している「なだ万」「東京吉兆」などの料亭、惣菜店の商品約150種類に加え、新たに大丸東京店が食品メーカーと共同開発したオリジナル弁当約10種類、計160種類から選べる。

   広報担当者は「会議が活性化するような」弁当も企画中だという。オリジナル弁当の価格は1000円、1200円、1500円で展開する予定だ。

   商品カタログは、店頭のほか、地域のオフィスへも配布する。1万円以上の利用で送料無料。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中