夫が妻の乳房踏み付ける 霊能団体「猟奇ショー」の不可思議

印刷

   警視庁が摘発した霊能団体「ロマゾフィー協会」主宰の夫婦は、風変わりなショーの動画をホームページで公開していた。そこには、夫が妻の乳房を踏み付ける猟奇的なシーンも…。一体何が目的だったのか。

「戦闘ヒロインレジェンド1 ルーサ第1章 勇者の誓い 予告編」

会員は20~50代の女性を中心に40人ほど

動画にはこんなシーンも
動画にはこんなシーンも

   ロマゾフィー協会のホームページにあった動画の1つには、こんな長いタイトルが付けられている。

   ミニ映画と称する3分弱の動画は、協会代表の平岩浩二容疑者(49)と妻で副代表の司容疑者(36)らの前で、まず若い男性が「俺、就職します」と宣言する場面から始まる。それが、なぜか、日光ルーサと名乗る司容疑者が、SM風の仮面を付けて「変身」する場面に変わるのだ。

   そして、浩二容疑者と格闘を演じた後、司容疑者が床に横たわると、いきなり乳房を足で踏みつけられて…。

   ホームページ上には、このほか、風変わりな動画がいくつかある。

   日光ルーサこと司容疑者が、白いシャツとスカート姿でリングに登場し、踊りまくるダンスの動画や、司容疑者と別の女性がリングの中で格闘を演じる動画などだ。

   報道によると、浩二容疑者らは、住み込んでいた内弟子のアルバイト女性(44)の尻を木の棒で数十回も叩き、2週間のけがをさせた傷害の疑いで逮捕された。「家事ができていない」と難癖を付け、しつけと称して暴力を振るっていた。協会の会員は、20~50代の女性を中心に40人ほどおり、日常的に暴力を振るったり、難癖をつけては金品などを要求したりしていた疑いもあるという。

   奇抜な動画は、活動にどう役立てていたのか。

   被害者の会の代理人をしている酒井洋一弁護士は、取材に対し、こう説明する。

SMではなくプロレス趣味がきっかけ?

「SMっぽいと言われますが、性的な暴行などについては聞いていません。また、そうした性的な意図もないと思います。平岩浩二容疑者は、実はプロレスを趣味にしています。その趣味にかこつけてプロレス興行のようなセミナーを開き、人集めをしようと思ったのではないでしょうか」

   確かに、浩二容疑者のサイトには、プロレスについてのうんちくが頻繁に書き込まれている。「プロレスを観戦することには、霊的な意味があると繰り返し言っていたそうです。そして、会員を興行によく連れて行っていたと聞いています」

   司容疑者は、自らのブログなどで、演劇やダンスへの思い入れを語っており、教室も開いていた。酒井洋一弁護士は、「ダンスの動画をいくつも公開していたのは、教義の中で何か意味があるのかもしれません」と言う。

   ロマゾフィー協会のサイトによると、教義は、ドイツの思想家ルドルフ・シュタイナーの人智学を発展させた霊的な思想だという。浩二容疑者は、霊界でシュタイナーと交流があり、その語らなかった事実を元に2002年春に協会を始めたと主張している。

   ところが、被害者の会によると、実態は、暴力や恐喝まがいの金品要求の繰り返しだったという。中には、約3000万円も取られたという男性元会員(52)もいた。入会の動機については、もともと霊的な興味があり、浩二容疑者の著作物を読んでセミナーに参加したことなどだった。テレビの霊能番組からの影響は、特に聞いていないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中