船長勾留延期で中国対抗 日中閣僚間の交流停止 

印刷

   沖縄県尖閣諸島周辺の日本領海で、海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した問題で、石垣簡易裁判所が2010年9月19日、公務執行妨害で逮捕・送検されていた中国人船長の勾(こう)留期限を29日まで10日間延長することを認めた。

   これを受け19日、中国外務省は対抗措置として日中間の閣僚級以上の交流や、航空便を増やす交渉などの中止を発表した。

   同日夜、王光亜外務次官は日本の丹羽宇一郎駐中国大使に電話し「日本側が中国漁船船長を即時無条件に釈放しなければ、強烈な対抗措置を取る」と抗議。丹羽大使は中国側に慎重かつ冷静な対応を求めた。また、中国側が機材を搬入していたことが明らかになった東シナ海のガス田については「合意に反することがあれば、しかるべき措置を検討せざるを得なくなる」と申し入れたという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中