菅首相が「疾病」読み間違い  元厚生大臣としてあるまじき失態?

印刷

   菅直人首相が国連の日本語演説で漢字を読み間違えた。「疾病(しっぺい)」を「しつびょう」と読んだのだ。元厚生大臣としてあるまじき失態という人もいる。

   「未曾有(みぞう)」を「みぞうゆう」と間違うなどした麻生太郎・元首相のときは、マスコミから「首相の資質」を問われ続けた。菅首相も「資質」に疑問符を投げかけられるのだろうか。

「疾病(しっぺい)」を「しつびょう」

菅総理の読み間違いを報じる日刊スポーツ
菅総理の読み間違いを報じる日刊スポーツ

   「当分、みぞうゆう(未曾有)と並べられるよ」。2010年9月24日、情報番組「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)で、司会のみのもんたさんは、菅首相の読み間違いについてこう評した。

   菅首相は9月23日(日本時間)、国連での演説で「疾病(しっぺい)」を「しつびょう」と読み間違えた。自らが提唱した「最小不幸社会」の説明のさいの出来事だ。映像をみると、菅首相は原稿を見たり前を見たりして演説したが、間違った箇所の前後では、比較的長く原稿に目を落としていた。

   みのさんの24日の番組では、読み間違いを大きく伝えた日刊スポーツを紹介する形で取り上げた。毎日新聞の与良正男論説委員は、「『しっぺい(疾病)』は読めないといかんね。(菅氏は)元厚生大臣なんだから。(旧厚生省として)重要な用語」と皮肉った。

   ほかには読売新聞が、23日深夜に短くネット配信した(24日付朝刊東京最終版には掲載されていない)以外は目立った報道は見当たらない。

   ネットでは、動画投稿サイト・ユーチューブ(YouTube)や2ちゃんねるなどで話題となった。麻生元首相の読み間違いのときは、ワイドショーなどもこぞって批判したことを指摘し、「菅総理も当然たたくよね」「公平にやってくれ」と、マスコミの「政治的中立」を問題視する書き込みも目立つ。「麻生が間違えたときは、民主党は鬼の首でも取ったかのように大はしゃぎだったな」との指摘もある。

   実際、2009年1月には、参院予算委員会で、民主党の石井一氏が、麻生首相(当時)に対し、「読めますか?」と「漢字テスト」をしたこともあった。

過去には「安倍総理の周りセフレ多い」発言も

   もっとも、麻生氏のときは、「踏襲(とうしゅう)」を「ふしゅう」と読んだり、「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」と言ったりと誤読が連発されていた。今回、菅首相は同じ演説で、間違った箇所のしばらく後に「疾病」が再度出てきた際には「しっぺい」と正しく読んでいた。

   菅氏の言い間違いとしては、漢字ではないが、安倍晋三内閣のときに「セレブ」と「セフレ(セックスフレンド)」を間違い、「安倍総理の周りにはセフレが多い」と発言したことが有名ではある。

   今後、菅首相も読み間違いが続けば、麻生氏のときのように大きな批判を受けることになるのだろうか。

   一方、ネット上には「医療現場では、疾病(しっぺい)を『しっぱい』との混同を避けるため、あえて『しつびょう』と言う」との指摘もあった。「しつびょう」でも間違いではない、という指摘だ。ちなみに、今回のニュースを報じた日刊スポ―ツは、「菅首相 大しっぺい」と見出しをつけ、「失敗」と「疾病」をかけている。確かに、聞き間違いをしやすい言葉だとは言えそうだ。

   東京都内の複数の病院関係者に質問してみると、「うちでは『しつびょう』という使い方は聞いたことがないですね」という答えだった。厚労省の疾病対策課にきいてみると、「省内でも『しっぺい』と発音する」とのことだった。

   ただ、同省のある医系技官によると、「医療現場で『しつびょう』と言っている医師がいるにはいた」という。しかし、「あえてそう発音していたのか、単に誤読していたのかは分からない。私は『しっぺい』と言っていた」のだそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中