初の「東大生Jリーガー」誕生

印刷

   サッカーJリーグ2部のファジアーノ岡山は2010年9月24日、東京大学4年生のFW久木田紳吾選手(22)の来季加入の内定を発表した。久木田選手は、大学に所属したままJリーグでプレーできる特別指定選手として日本サッカー協会から承認され、早ければ今季中に現役東大生としてJリーグデビューする可能性がある。

   久木田選手は熊本県出身、東大運動会ア式蹴球部所属の22歳。11月上旬にもチームに合流する見通しで、「チャンスを与えてくださったファジアーノ岡山と、自分を支えてくださるすべての方への感謝の気持ちを忘れずに、1日でも早く試合に出てチームの勝利に貢献したいです」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中