予算通過せねば「政府機能が停止」 北マリアナ諸島で前代未聞の騒動

印刷

   サイパン島などを管轄する米自治領の北マリアナ諸島の政府が、機能停止の危機に直面している。そのきっかけは、財政問題。経費削減の方法が主な争点で、新年度予算案の成立が危ぶまれており、このまま合意が得られなければ、10月からの新年度予算の執行が事実上できなくなり、急を要さない行政サービスが停止する前代未聞の事態だ。これまでの財政赤字を先送りしてきた結果としてもたらされた事態で、日本にとっても必ずしも他人ごとではないかも知れない。

上院と下院で経費削減めぐり対立

   北マリアナ諸島では、これまで赤字財政が続いており、年度内に次の年度の予算が通らなかった場合でも、前年度の予算を持ち越す形で処理されてきた。ところが近年の憲法改正で、赤字公債に依存しない「均衡予算」が議会を通過しない限り、予算執行を伴う政府機能が停止(shutdown)してしまう規定になった。この変更が、大きな混乱をもたらしそうだ。

   北マリアナ諸島の政府では、新しい会計年度が始まるのは10月1日。つまり、それまでに新年度(11年度)の予算案を通過させる必要があるのだが、上院と下院との間で、経費削減の方法に合意できない状況が続いている。具体的には、公務員の勤務時間をどの程度短縮するかについて対立。9月27日に行われた予算委員会では、途中退席が相次いだ。

   停止の対象になるのは、比較的不要不急だとされる行政サービスで、ビニグノ・フィティアル知事は9月27日、停止の対象から除外される施設の一覧を発表した。大学や医療サービスは停止の対象にならないが、必要最小限の機能しか果たさなくなる。さらに、1400人以上の公務員に給料が支払われなくなる。

バスケットボール大会も中止の恐れ

   その他にも、公営のスポーツ施設が利用できなくなり、予定されていたソフトボール大会やバスケットボール大会も行えなくなる見通しだ。

   地元紙「サイパン・トリビューン」によると、地元バスケットボール協会の会長は、

「このようなことが起こるのは不幸なこと。(閉鎖は)あまり長くならないと期待しているが、長くなるようであれば、他の場所を探さないといけない」

と困惑している。やはり「市民生活に影響なし」とはいかないようだ。

   両院は9月30日夜(現地時間)にも協議を行う。10月1日午前0時(同)までに予算が通過しなかった場合は、いよいよ機能停止が現実のものとなる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中