小島慶子元アナ38歳で水着デビュー 「モデル並みスタイル」の秘密

印刷

   元TBSアナウンサーの小島慶子さん(38)が、「中年水着姿」を週刊誌で披露している。2児の母親なのに、プロポーションを維持できる秘訣とは?

   グラビアアイドルではないが、水着写真は、なんと袋とじに収まっていた。

グラビアの話「冗談にしか思えなかった」

週刊誌では袋とじに…
週刊誌では袋とじに…

   週刊プレイボーイの2010年10月4日発売号のページを開け、そのとじ目を切り開く。すると、腰がくびれたプロポーションの写真がずらりと、目に飛び込んできた。すらりとした脚線も、まぶしい。競技水着でさえも、体型にぴたりとはまっていた。

   38歳で初の水着写真に挑戦するだけのことはあるわけだ。

   小島慶子さんは、TBSアナを15年間務めて、2010年6月30日に退社した。特にTBSラジオ「小島慶子 キラ☆キラ」では、歯切れのいいパーソナリティーぶりで人気がある。退社後は、フリーアナではなく、自ら、ラジオパーソナリティーと称しているほどだ。

   それがなぜか、いきなりグラビアの話が舞い込んだ。

   慶子さん自身は、同誌の中で、この話について最初は「冗談にしか思えなかった」と言う。そして、水着を決断した理由をこう明かしている。

「中年で、胸もぺったんこで、夫や子供もいる私がこんなに楽しそうにグラビアをできるなら、あなたの身の回りにも、あなた自身にも、魅力的なところってきっといっぱいある」

   つまり、子どもを産んだ主婦やスタイルに自信のない女性にも、自らのチャレンジを見せることで、もっと勇気を与えたいというわけだ。

   慶子さんは、38歳にして、なぜこれだけのプロポーションを維持できるのか。

ピラティスのエクササイズで鍛える

   その秘密は、日ごろ続けているエクササイズにありそうだ。

   小島慶子さんは、趣味として、乗馬やドイツ生まれのフィットネスプログラム「ピラティス・メソッド」を挙げている。「キラ☆キラ」の公式サイトにある2010年6月1日の放送後記でも、「今日は朝からピラティスをしてきたので、放送が終わったらちょっとへとへと気味。この後おにぎりを立て続けに2個食べて生気を取り戻しました」と明かしていた。

   こうしたエクササイズの成果が、ネット上で「モデル並みのスタイル」などと言われるプロポーションを作ったのだろうか。ほかの女子アナでは、山本モナさん(34)がキックボクシングに取り組んでいる。

   週刊プレイボーイ編集部から、「アラフォーの水着を決意した理由を」と聞かれた慶子さんは、こう反論した。

「それはごまかしの言葉です。きちんと中年と言いましょう」

   そして、モデルや女優ではないとして、自らを「中途半端な美人」と自称した。ただ、このプロポーションは、「中途半端」な鍛え方だけでは難しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中