児童ポルノと間違われアクセス殺到 削除された大学生の「タイ風俗店ルポ」

印刷

   タイのバンコクでは昼間から児童ポルノのDVDなどが公然と販売されている、というスレが掲示板「2ちゃんねる」に立ち、誰かが児童ポルノとは無関係な「風俗ルポ」ブログのリンクを張ったところ、このブログに閲覧者が殺到。アクセスの多さに驚いた管理人がブログの記事を全面削除するという「珍事」が起こった。

   ブログ記事が削除されたのは「『絶倫』大学生の風俗放浪記」。20歳の大学生と名乗る人物が風俗店を訪れるルポルタージュだ。2010年10月に入ってからはタイの風俗店を紹介。タイに到着してから風俗店を探すまでや、風俗嬢との一夜の様子を風俗嬢の写真と共に詳しく紹介していた。

女性の全身写真とともに「買春」を紹介

   「2ちゃんねる」のスレの元ネタになったのは、ウェブニュース「バンコク週報」の10年10月4日付記事。バンコク中心部スクンビット通りでは昼間から児童ポルノが公然と販売されていて、当局の対応を批判する声があがっている、という内容。警察関係者のコメントとして、児童ポルノの販売は違法だが「有力者がかかわっているため根絶は難しい」などと書かれている。

   これに関し「2ちゃん」では、「タイに行くと児童ポルノが買い放題なのか?」と話題になった。さらに、DVDなどの映像だけでなく、タイでは買春も盛んだという人も現れた。そして「『絶倫』大学生の風俗放浪記」のリンクが張られた。 このブログでは20歳の大学生と名乗る男性が風俗店体験ルポを書いていて、10月に入ってからはタイを訪れ、4日間の風俗店の体験を綴っている。タイでどのようにして風俗店を見つけたのか、その店の様子、「買春」した女性との行為、女性の全身や女性の下着などの写真を付け、

「唾液をネバネバさせながらディープキス!ぷはーっ!夜はこれに限る!」

などと書いている。

「削除する必要なかった」と謝罪、近いうち復元も

   このブログのリンクが「2ちゃん」に張られたことで「『絶倫』大学生の風俗放浪記」へのアクセスが急増。驚いた大学生は10年10月6日に記事を全て削除した。

   大学生は6日付けのブログで、「みなさんにお伝えすることがあります」と断り書きをしたうえで削除の経緯を説明。普段の閲覧数は1日に500くらいだったのが約70倍の3万数千に増加。訪問者は児童ポルノ絡みのスレが立った「2ちゃん」と、さらに「2ちゃん」をまとめたブログから来ているようだと書いた。あまりの閲覧者の多さに驚いて記事を全て削除してしまったが、自分のブログは児童ポルノとは無関係であり、特に記事を削除する必要もなかったとし、従来の読者達に謝罪。

「警察沙汰になるようなこともしていないので,近いうちに復元も考えています」

と書き、引き続き風俗店ルポを続けていくことを明らかにしている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中