「トリス」発売10日で23万ケース オヤジ世代のウイスキー復活

印刷

   ハイボール人気の後押しもあって、昔懐かしのウイスキーブランドの「復権」が著しい。サントリーの「角瓶」や「トリス」、アサヒビールの「ブラックニッカ」、キリンビールの「ボストンクラブ」などがそれ。50~60歳代を中心とするオヤジ世代ならば、若かりし頃にどれも一度は口にしたことのあるウイスキーだろう。

   2010年9月21日に発売された「トリス〈エクストラ〉」ボトルは、9月中に13万ケースを出荷し、絶好の滑り出しをみせた。さらに、「トリス ハイボール缶」はそれを上回る23万ケースを出荷。年内40万ケースの目標の半分を10日で達成してしまうほどの大人気だ。

吉高由里子さんと「アンクル・トリス」CM共演

「トリス ハイボール缶」は発売10日で年内目標の半数超を出荷した
「トリス ハイボール缶」は発売10日で年内目標の半数超を出荷した

   人気女優の吉高由里子さんといっしょに、サントリーの「トリス〈エクストラ〉」と「トリス ハイボール缶」のテレビCMに登場するのは、赤いジャケット姿が懐かしい、イメージ・キャラクターの「アンクル・トリス」。CMの舞台もどこか懐かしさが漂う「トリハイ酒場」(トリスのハイボール酒場)という設定だ。

   トリスは1950~60年代に、「トリハイ」と呼ばれるハイボールの飲み方で大流行した。サントリーによると、トリスのハイボールが飲める「トリハイ酒場」は2010年9月末時点ですでに全国で1万9000店と、さらに増えることが期待されている。

   サントリーは2年前から「角瓶」を前面に押し出してきた。テレビCMで女優の小雪さんを起用するなどで、積極的にハイボールの「大人」の飲み方を提案してきた。「当初の狙いは30~40歳代の男性でしたが、20歳代には新しい飲みものとして受け入れられ、また50歳以上の方もウイスキーに戻ってきたようです」と、いまのハイボール人気の「火付け役」となった。

   同社の1-8月期の販売実績はウイスキー類全体で前年同期比22%増。「角瓶」だけみても、同53%増と快調に伸びている。

「ブラックニッカ」に「ボストンクラブ」も好調

   2010年1-9月のウイスキー市場は前年同期に比べて、全体で2割程度の伸びとみられる。ハイボール人気で盛り上がりをみせるウイスキー市場だが、昔懐かしいブランドが売れているのはトリスだけではない。

   かつての庶民派ウイスキーといえば、「ニッカ ウヰスキー」もある。アサヒビールは2009年に、「スーパーニッカ」を47年ぶりにリニューアル。モルトウイスキーのバランスのよい、なめらかな味わいをそのままに、パッケージを一新して発売している。

   同社のウイスキー全体の販売実績は、1-8月期で前年同期に比べて20%増えた。「9月も2ケタ増を期待しています」(広報部)と強気だ。その中にあって好調なのが「オヤジ世代」には懐かしい「ブラックニッカ(クリアブレンド)」で、同26%増と伸ばしている。

   広報担当者は「昔からのファンの方もいますが、顧客層はかなり広がっています」と話している。

   また、キリンビールのウイスキー部門は、1-8月期の全体で前年同期比約7割増。主力の「富士山麓」が飲食店を中心に伸びて約6割増だった。「正統派」を謳う「ボストンクラブ」(豊醇原酒と淡麗原酒の2種類)は、10年9月末までに同10%増と伸ばした。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中