「バット」「しんせい」「わかば」 安値の「3級品」意外な人気

印刷

   昔懐かしい「ゴールデンバット」や「エコー」「わかば」「しんせい」といった「旧3級品」たばこが、安値を背景にじんわり売れている。マイルドセブンやセブンスターなどが、2010年10月1日からのたぼこ税の増税に伴って410円以上に値上げされたので、200円~250円という安さが際立ったようだ。

   旧3級品たばこは、「愛煙家のお年寄りのためのたばこ」「使用している葉の品質が悪い」といったイメージと、健康意識の高まりで、いわゆる「ライト系」たばこが売れ筋となってからは徐々に吸う人が少なくなり、「知る人ぞ知る」存在に追いやられていた。

ニコチン、タール「キツイ」けど

値上げで脚光?「ゴールデンバット」は200円

   「ゴールデンバット」や「エコー」「わかば」「しんせい」といった銘柄は1960年代後半からハイライトやセブンスターなどが登場するまで、愛煙家には知られた銘柄だった。なかでも「ゴールデンバット」は1906年に発売。じつに明治時代からある銘柄で、ニコチン1.1ミリグラム、タール1.8ミリグラムと「キツイ」、両切りたばこだ。

   10月1日からの増税では、マイルドセブンなどの一般のたばこは1本につき約8円74銭から約12円24銭に大幅に引き上げられた。旧3級品も引き上げられたが、1本あたり5円81銭と、一般のたばこの半分以下に抑えられている。

   「ゴールデンバット」の新価格は200円。「エコー」と「しんせい」は240円。「わかば」は250円。沖縄限定の旧3級品たばこの「バイオレット」は240円、「ウルマ」は250円で売られている。

   かつて、たばこは葉の品質によって1~3級に分類されていたが、1985年のたばこ事業法の施行で廃止された。旧3級品はその名残で、好んで吸っていたお年寄りが少なくなかったことから、一般のたばこより税率を抑えることで販売を継続。ただ、自動販売機で売られていないこともあり、購入する場合は街のたばこ屋や一部のコンビニへ出向くしかない。

「わかば」を1カートン買い

   日本たばこ産業(JT)は旧3級品の売れ行きについて、「この4‐6月期においては大きな動きはありませんでした。増税以降の影響についてはまだ把握していません」と話した。

   ただ、街のたばこ屋には実際に、旧3級品を買い求める人が現れているようだ。新橋駅近くのたばこ店は、「値上がり以降は1日に2、3箱は売れています。きょうは『わかば』を1カートン買っていかれたお客様もいました。ここ数年はなかったことですね」と話す。

   旧3級品は2010年10月1日以前、4銘柄あわせても1週間に2、3箱が売れる程度だった。それが増税後の値上がりで、顕著に売れはじめたようだ。なかなか禁煙できない愛煙家が買っているとみている。在庫を増やそうか、現在思案中だ。

   また、両切りたばこではキツイのだろうか、東京・下町のタバコ店では「『ゴールデンバット』をフィルターと一緒に買っていく人はいました。(旧3級品が)すごく増えたという印象はないですが、2日に1箱は売れています」という。それまでは月に1、2箱程度だった。

   増税による値上がりでお客は全体的に減少。その中にあって、「ほとんど売れていなかったものが売れはじめたのですから、少しは期待しますよ」と話す。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中