プリウスの独走阻止できるか フィットHV快調な出足

印刷

   ホンダがフィットハイブリッド(HV)を発売し、プリウスが他を圧倒してきた国内のベストセラー争いは新たな局面に入りそうだ。フィットは2002年にカローラの連続首位記録を34年でストップし、ホンダ初の最量販車種の座を獲得した実績を持つ。今回のマイナーチェンジではガソリンエンジンのベース車にHVを追加し、トヨタの顔となったプリウスの独走に待ったをかけるかが注目される。

   迎え撃つトヨタは年内にヴィッツをフルモデルチェンジし、来年末にはHV版を追加する予定。手厚い体制でフィットの挟み撃ちをねらう。

エコカー補助金の終了でプリウスの受注落ちぎみ

   フィットHVは2010年10月8日の発表・発売までに1万台を受注。フィットガソリン車の4000台を大きく上回り、快調な出足となった。記者会見でホンダの伊東孝紳社長は「HVの普及に弾みをつけたい」と語った。何年も前から話題になってきただけにユーザーの期待が大きく、事前受注が積み上がったようだ。水平飛行に落ち着いたあとはフィットのHV比率は4割程度とホンダは見ている。

   インサイトの189万円に対抗し205万円からという驚きの価格で登場した現行プリウスは9月まで登録車では17か月連続、軽自動車を含む全車種では16か月連続して首位を獲得した。9月実績は2万7249台で、これに続くのはタント1万8583台、ワゴンR1万6661台、フィット1万4622台の順。

   プリウスとフィットは2倍の開きがあるが、エコカー補助金の終了でプリウスの受注が落ちていることや、フィットのHV追加とマイナーチェンジ効果、さらには全国2000店余りに試乗車を配備することを合わせれば一気に差を詰める可能性がある。

ヴィッツHVはリッター40キロ超?

   トヨタとホンダはいずれもHVをエコカー戦略の軸に据えている点で共通するが、トヨタが2モーター式、ホンダが1モーター式とタイプが異なる。基本的に2モーター式は燃費性能が高い代わりにシステムが大きく重くなりがちで、1モーター式は小さく軽くできるが燃費性能は2モーターに及ばない。

   コンパクトカーへのHV適用をライバルに先んじて実現したホンダは、ヴィッツHVが出るまでの1年間にできるだけ市場を席巻し、優位を固めたいところだ。リッター30キロのフィットHVに対して、ヴィッツHVはリッター40キロ超が開発目標とされ、価格面で対抗された場合は不利が明らかなためだ。

   燃費でしのぎを削る登録車のHVに対し、軽自動車トップ3のワゴンR、ムーヴ、タントはスペース効率・使い勝手の高さと、税金を含む総ランニングコストの低さが魅力だ。ムーヴは近く、フルモデルチェンジが控える。プリウス、フィット、ヴィッツと軽3強の争いは他車種を引き離して展開すると予想される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中