サイバー内定者は美男美女ぞろい 藤田社長の好み?会社の戦略?

印刷

   芸能人の利用が多いアメブロなどを運営しているIT企業「サイバーエージェント」。その内定者が、美男美女ぞろいと話題になっている。女優に続いて美人秘書を妻にした藤田晋社長(37)の好みや戦略なのか、それとも単なる偶然か――。

   Vサインの若い女性たち6人が、ずらりと横に並んでいる。いずれも茶髪で、メイクも決まっているようだ。

「みんなキラキラ女子だよー!」

ホリエモンも感心
ホリエモンも感心
「やばない!?今年の内定者の女子レベルが高すぎる」

   サイバーエージェントに内定した大学4年生女子が書いた2010年10月12日付のブログでは、「内定者美女軍団」の様子がいくつもの写真付きでつづられていた。

   同社によると、これらの写真は、同8日に行われた11年度入社予定114人の内定式や続いてあった社員総会などでのものだ。

   ブログでは、内定式やその後のランチが紹介され、美女軍団ともあってか「みんなキラキラ女子だよー!」とノリノリな様子。総会の前後も、様々なポーズで写真を撮りまくっていた。

   美男も多いらしく、内定者男子や社員男性を囲んでは、「イケメンで仕事できる、って素晴らしい!」「1年目の先輩に、天使がいた!!!」などと感想を。総会後は、内定者同士がクラブでパーティーをしたといい、DJまでできる強者もいた。まさに「アカデミー賞の授賞式」のようなノリで、女優や俳優になりきったような様子が紹介されていた。

「この会社入って本当によかったなあ。。。。って心から感じました」

   それも、そのはずかもしれない。2ちゃんねるなどネット上では、美男美女ぞろいと驚きの声が上がるほどだからだ。もっとも、うらやましがる書き込みの一方で、「こんな職場、緊張しすぎてだめだ」「これからこいつらは馬車馬のように働かされるから別にいいわ」との声も漏れている。

   サイバーエージェントの出入り業者によると、同社社員も美男美女ぞろいのようだ。ある営業担当の男性(31)が言う。

一番重視しているのは「会社のカルチャーに合うか」

「ビル内に入ると、モデルみたいな女性が闊歩しています。関連会社にも、そんな女性は多いです。男性はさわやか系が多く、モテスリムスーツのようなのを着てますよ。みな高学歴でもあり、東京6大学の卒業生も多いと聞きます」

   お互いに魅力を感じるのか社内結婚も多いらしく、サイバーエージェントの藤田晋社長も、ツイッターで2010年10月16日に、「今月は四週連続結婚式です」などと明かしている。

   藤田社長自身は、女優の奥菜恵さん(31)と離婚後は、同社秘書の若い女性と結婚している。藤田社長の妻もいた内定者飲み会になぜか参加したという元ライブドア社長の堀江貴文さん(37)は、ツイッターで15日、「みんな美女でした。とくに奥様が。。」と漏らしている。

   とすると、美女ぞろいなのは、藤田社長の好みなのか。あるいは、イケメンも多いらしいことから、営業の接待に有利な人材を選んだ結果なのか。それとも、辞めたくない環境を作って激務に耐えてもらうためなのか、偶然そうなっただけのことなのか。

   同社の広報担当者は、こんな疑問について、次のように説明する。

「採用で美男美女を選んだことはありませんし、容姿についての判断基準は設けていません。もちろん、営業などのためということではないです。たまたまというか、内定者のブログを見ての主観的な受け取り方によると思います。採用で一番重視しているのが、21世紀を代表する会社を作るというビジョンに共感できるかどうかということです。いわば会社のカルチャーに合うか、ということですよ」

   内定者女性のブログ内容については、重要戦略などの機密情報を漏らしたわけではなく、特に問題はないという。女性に対しても、内定を取り消したり注意したりすることはないそうだ。該当の日記はすでに削除されているが、特に指示したわけではなく、本人の意思で行ったことだとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中