ヤフーと米グーグルの提携に異議 楽天が公取委に申請

印刷

   楽天は、ヤフーと米グーグルがインターネット検索や広告の分野で提携することについて、公正取引委員会に調査を求める(独占禁止法第45条第1項に基づく)申請書を提出した、と2010年10月20日に発表した。

   楽天は、「両社の提携は、米グーグルによる情報独占につながり、検索のみならず、国内の多くのインターネット関連サービスの発展と成長を阻害する恐れがある」と主張している。公取委に十分な議論と検証を求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中