「JALは高品質の会社であるべきだ」 稲盛会長、LCC設立を事実上否定

印刷

   会社更生手続き中の日本航空(JAL)の稲盛和夫会長は2010年10月20日、東京・有楽町の外国特派員協会で講演し、会長就任からの9か月を振り返った。社内の改革などが順調に進んでいることを強調する一方、格安航空会社(LCC)の展開については、米国での過去の失敗例などを挙げて、否定的な見解を示した。

   稲盛氏は、「(10年2月の)会長就任直後は驚くことが多かった」とした上で、「更生計画を実行するのはJAL幹部社員しかいない。申し訳ないが、彼らは、私には頼りなく映っていた。元々官僚的で、無責任な体質があった」などと同社の体質を批判。

「わたしもその件では悩んでいる」

外国特派員協会で講演するJALの稲盛和夫会長
外国特派員協会で講演するJALの稲盛和夫会長

   だが、現段階でのJALについては、「JALの体質は大きく変わった。官僚的な面が払拭されつつある」と、就任以来の改革の成果が上がっていることを強調した。

   また、全日空(ANA)が正式に設立を表明するなどして注目を集めているLCCについては、

「LCCが次々に日本に名乗り出ている。そういう要望は非常に強い。わたしもその件では悩んでいる」

と、「検討中」であることを強調。だが、

「過去に米国の大手航空会社がLCCを設立・運営したが、2年ぐらいですべてやめている例がたくさんある。そういう先例を見ながら(考えたい)。まだ(方針を)固めた訳ではないが、JALという会社は、やはりハイクオリティーの航空会社であるべきではなかろうかと思っている。お客様に喜ばれ、愛される素晴らしい航空会社にしたいと思っている」

と、米国の失敗例を引きながら、消極的な見解を示した。

   別の質問に対しても、「質のいい、ハイクオリティーな、プレミアムな輸送会社を目指したい」と言及、格安志向を否定した。

「12年2月をメドに退任」は撤回

   JALが8月31日に東京地裁に提出していた更生計画案の中には、LCCの設立を「今後検討する」と明記。だが、この記述には前原誠司国交相(当時)の意向が反映されているとみられ、同日の会見では、大西賢社長が「研究を進めた上で判断したい」と慎重な言い回しをしていた。今回の稲盛会長の発言で、JAL側の否定的なスタンスが改めて裏付けられた形だ。

   なお、この8月31日の会見では、稲盛会長は

「当初から3年だと申し上げてきましたけれども、もう年も年ですので、2年ぐらいで勘弁してもらおうかなぁ、と実は今思っております」

と述べ、当初の予定を繰り上げて12年2月をメドに退任したい意向を表明。その理由について憶測を呼んだが、10月20日の会見では

「2年ぐらいで勘弁して欲しいと言ったが、なかなかそうもいかないかもしれない」

と、発言を軌道修正した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中