元「極楽とんぼ」の山本 宮崎放送情報番組に出ていた 

印刷

   芸能界への復帰の有無が度々話題になる、お笑いコンビ元「極楽とんぼ」の山本圭一さん(42)が、宮崎県のテレビ局番組に出演した。しばらく公の場に姿を見せていなかっただけに、インターネットでは、出演場面の動画が流れると、またもや「復帰か」と騒ぎになっている。

   宮崎名物の肉巻きおにぎりを紹介する女性レポーターが「おいしさの秘密を教えてくれるのは……」と切り出すと、真っ赤なTシャツに透明の髪落ち防止帽をかぶった山本さんが画面に映った。字幕には「広報担当 山本圭一さん」とだけある。

手慣れた感じで肉巻きおにぎりをPR

   この番組は、宮崎放送(MRT)の情報番組「週刊アッパレくん!」。2010年10月16日昼に放送された。場面は宮崎県小林市の「肉だわら」(運営:ヘラクレスジャパン)の工場だ。

   山本さんは、同社の広報、企画担当そして「カリスマのバイヤー」をしていると自己紹介し、「山本です」と結んだ。風貌は以前とさほど変わっておらず、ファンならぱっと見で「山本さんだ」と分かる。

   「元極楽とんぼ」や「お笑い芸人をしていた」などの枕言葉は、レポーターからも山本さんからも一切なかった。山本さんを知らない人が見れば、「普通の会社の広報の人」にしか見えない紹介風景だ。

   しかし、以降のやりとりは、「芸人の片鱗」をうかがわせるものだった。「(肉巻きおにぎり作りの作業員の)手元にパンして(カメラを振って)撮って頂ければ……」など業界用語を織り交ぜつつ、「ほかじょう(外城)さん」と親しげに女性レポーターに数回話しかけた。

   山本さんは、「(おにぎり作りを)やってみますか?」と問いかけ、「外城さん」がやる気になったところで「ダメに決まってるじゃないですか。バラエティーじゃないんですから」と、「いじり芸」も披露してみせた。いかにもテレビに慣れている、という感じが伝わってくる。

   山本さんの「復帰」を巡っては10月上旬、「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)の新メンバーオーディションに山本さんが参加した、との週刊誌報道を受け、同番組を通じて山本さんが芸能界に復帰するのでは、などとさまざまな憶測が流れていた。もっとも、報道によると山本さんはあっさり「予選敗退」したそうだ。注目の中、放送された10月9日の同番組では、山本さんが映ることはなかった。

「ネット注文が倍に」

   今回の宮崎でのテレビ出演を受け、ネットでは2ちゃんねるなどで書き込みが相次いだ。「一般人扱いだがレポートはうまい」「一般人扱いにワロタ(笑った)」など、映像を確認したと見られる人も多く、「暴力事件を起こした司会者は復帰しているのに、山本が復帰できないのはおかしい」「早く復帰してほしい」と擁護論が多数並んでいる。

   一方、山本さんが06年に当時17歳の少女に暴行したとして書類送検(後に被害者と示談成立、不起訴に)され、事務所から契約解除になったことを改めて指摘し、「復帰を望んでるやつは寛大すぎる」など否定的な声もかなりの数にのぼっている。

   ところで、山本さんは宮崎県では度々テレビに出ているのだろうか。山本さん本人に取材したい、と「肉だわら」に申し込んでみた。しかし、山本さんは宮崎に常駐しているわけではなく「今日(10月22日)夕方までに連絡を取るのは難しい」との回答だった。

   山本さんは1年以上前から同社の仕事をするようになった。ときには宮崎市内の繁華街にある支店で肉巻きおにぎりを対面販売したり、同社の県外物産展などでの販売に参加したりすることもあるそうだ。ネットでも各地の物産展での「目撃情報」が寄せられていたが、どうやら「本物」だったようだ。

   宮崎放送での出演の様子は、えらく手慣れたものに見えたが、同社によると「いえ、(同社広報として)初めての出演です」。放送の反響は大きく、同社製品について「ネットでの注文は、普段と比べざっと2倍の勢い」だそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中