きらやか銀行と仙台銀行、経営統合を検討

印刷

   山形県を営業基盤とする、きらやか銀行と宮城県の仙台銀行が経営統合を検討していることが、2010年10月25日わかった。地域経済が低迷するなか、県境を超える経営統合によって取引基盤を拡大し生き残りを図る。

   両行はともに第二地方銀行。山形県では、荘内銀行が秋田県の北都銀行と経営統合して09年10月にフィデアホールディングスを設立。本社を仙台市に置いている。「きらやか‐仙台」の経営統合も、「仙台‐山形」を一体とした経済圏、また将来の道州制をにらんだ動きともみられる。

   きらやか銀行は、2007年5月にきらやかホールディグス傘下の山形しあわせ銀行と殖産銀行が合併して誕生。09年9月には金融機能強化法に基づく公的資金200億円の資本注入を受けている。自己資本比率は10.35%、店舗数は117。一方、仙台銀行は1951年設立。同行の自己資本比率は8.85%、店舗数は71(いずれも、10年3月末時点)。

   両行の経営統合が実現すれば、預金量で1兆8489億円、貸出金量で1兆3901億円(10年3月末の合算ベース)の銀行が誕生する。両行とも、主要株主はみずほコーポレート銀行。

   なお、きらやか銀行、仙台銀行ともに、「現時点では決定している事実はない」とのコメントを、同日付で発表。経営統合の検討について両行は「肯定も否定もできない」としている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中