「エロ画像」検索トップは佐賀県 武士道「葉隠」の地のネット事情

印刷

   グーグル検索で「エロ画像」というワードを最もよく検索しているのは佐賀県人らしい。他のアダルト系キーワードでも、佐賀県からと思われるアクセスが軒並み上位に入っており、ネットで話題になっている。なぜ、佐賀なのか。武士道「葉隠」の地、男らしく振舞うことに縛られている裏でのささやかなストレス発散では、という穿った見方もあるようだ。

「エロ動画」「セックス」「18禁」でも1位

   グーグルの「Google Insights for Search」というサービスで、「エロ画像」という単語の2010年の検索率(総検索に占める割合)を県別に見ると、佐賀県がトップ(10月20日時点)。以下、鳥取県、秋田県と続いている。

   同サービスではグーグル検索ログのIPアドレスからアクセス地域を判断している。個々のワードの「地域別人気度」がわかるようになっていて、広告マーケティングなどに使われることを想定している。

   佐賀県は「エロ画像」という単語だけでなく、「エロ動画」「アダルト」「セックス」「18禁」「ロリ」「おっぱい」といったキーワードでもアクセス率1位。「パンチラ」「AV」「オナニー」という単語でもベスト(?)3に入っている。

   10月19日ごろからネットで話題になり、2ちゃんねるやツイッターには「佐賀は変態すぎる」「田んぼばかりだもんな」「これは恥ずかしい」といった感想のほか「佐賀出身だが、上に挙がってるエロ系ワードほとんど検索したことあるわ……」との告白も寄せられた。

   佐賀県では本当に他県より「エロ画像」が人気なのだろうか。『ビジネスの9割は「県民性」でうまくいく』などの著書がある県民性研究家、矢野新一さんは佐賀県について「九州でもかなり保守的な地域。男性は真面目です」と語る。

「佐賀の男性は真面目で遊ぶの苦手」

   肥前・佐賀は「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」で知られる、武士の精神論「葉隠」発祥の地。城下町だった佐賀市を中心にその価値観はしっかり残っており、会社でも家庭でも常に「男らしさ」はキーワードのようだ。矢野さんは

「佐賀の男性は真面目さを期待され、遊びと割り切って遊ぶのも苦手。佐賀の人と飲んでもハシゴしたり、2軒目でキャバクラに行こうとはなりません。実際、佐賀にはキャバクラもソープランドも余りないんです。他人に分からないネットでエロ画像を検索することでバランスをとっているのではないでしょうか」

と推測している。

家からのアクセスが多いから

   佐賀県出身といえば、作家の北方謙三、柔道の古賀稔彦、お笑いの江頭2:50ら。故人では、歌手の村田英雄、戦場カメラマンの一ノ瀬泰造(敬称略)らの名が浮かぶ。著名人ならずとも、佐賀県人だれもが一緒くたに論評されては大迷惑だろう。

   まったく別の見方もできる。

   県庁所在地の佐賀市でさえ「風呂の煙突のほかは煙の出るところがない」といわれるほど工場は少ない。大きな事業所も多くなく、当然、企業PCからのビジネス関連検索の比率は低い。たとえば、「JavaScript」といった技術系ワードは佐賀県では余り検索されていないようだ。

   エロ系の高比率は家庭からの検索割合が多くなっているための自然な結果では、という指摘もネットで出ている。加えて、佐賀県のインターネット普及率は全国で最低ランク。年配者でネットを使っている人はまだまだ少ないことが予想され、若いユーザーの検索履歴ばかりが強く反映されている可能性がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中