小泉進次郎は「TV政治の天才」 「しゃべり」プラス「ボケ」の威力

印刷

   「テレビポリティクス(テレビ政治)時代の天才だ」――仙谷由人・官房長官が自民党の小泉進次郎・衆院議員をこう評した。「しゃべりがうまい」のは間違いない。それだけなのだろうか。「天才」の話し方について、政治評論家や話し方教室のプロ、テレビ批評家そしてインターネットでの反応を探ってみた。

   仙谷長官が「天才発言」をしたのは、2010年10月28日の民主議員グループ会合と同日の記者会見でのことだ。前日の衆院内閣委員会での蓮舫・行政刷新担当相VS小泉議員のやりとりを見た感想を述べたものだ。

「テレビ政治時代の『寵児』にはなり得るタイプ」

   産経新聞報道によると、仙谷長官は会見で「天才発言」について、「一般的に天才と言ったわけじゃない」と、あくまでテレビ政治という文脈の中での表現だと強調した。「天才発言」が、小泉純一郎・元首相の次男、進次郎議員の手ごわさに思わず本音をもらしたものか、「実質を伴わないテレビ向きパフォーマンス」という意味で皮肉ったのか真意は不明だ。

   ネットの2ちゃんねるには、仙谷長官の「天才発言」に関する複数のスレッドが立った。ざっと読んだ印象では、小泉議員に関する論評よりも、「テレビと政治」というキーワードに絡めて「テレビ出演を利用しているのは民主の方だろ」「テレビを意識?蓮舫のことか?」などと民主党を皮肉る発言が目立つようだ。

   小泉議員の「話し方」「テレビ映り」について、異なる分野の専門家に印象を聞いてみた。

   「諫める―亡国の政治に警鐘」(共著)の著書がある、政治評論家の杉浦正章・元時事通信編集局長は、「『天才』は言い過ぎだが、テレビ政治時代の『寵児』にはなり得るタイプだ」とみる。「言葉のセンスがいい。度胸もある」と評する。

   かつては、父の純一郎・元首相の指導を受けているのかと思ったこともあるそうだが、「即興の受け答えを見ていると、いちいち相談している感じではなく、独自性がある」。

   「話し方教室 青山コミュニケーションセミナー」の栗原典裕代表は、さらに高評価だ。田中角栄・元首相、小泉純一郎・元首相につぐ「政治家ベスト3に入ってくるほど俊逸だ」という。栗原代表は、政治家の話し方についてテレビで解説を求められるなど、政治家演説を聴く機会も多い専門家だ。

   栗原代表によると、進次郎議員は「アイス・ブレイク(氷のようになった雰囲気を壊す)」がうまいそうだ。演説冒頭の「つかみ」で聴衆の緊張をほぐす努力も「人一倍払っている」。参院選(10年7月)の愛媛県内での応援の際、マイクの調子が悪いふりをして同県特産のポンジュースを取り出してみせ、笑いを取ったこともあるという。各地の方言を織り交ぜるなど、「クールな外見からは一見不似合いなボケ」も取り入れており、「努力の跡がうかがえる」そうだ。

「ビジョン伝わってこない」の声も

   「テレビ的」にはどうなのだろうか。テレビ・コラムニストの今井舞さんの見方はこうだ。

「テレビ映えする容姿や(元首相の)ジュニアだという立ち位置など、自分のことを良く分かった上で自身を演出している感じがする。口もうまい」

   演出といっても緻密に計算した上で、ではなく「それまでの経験で成功した反応を感覚的に蓄積して意のままに振る舞い」、それが良い方向に回っているようだ。

   もっとも、「よくテレビに映っている割にはいまだにどんなビジョンを持っているのかは、さっぱり伝わってこない」と厳しい見方も示す。

   先の政治評論家、杉浦さんも「今(進次郎議員が)目立つのは、自民党若手にほかに人材がいないからだ」と指摘する。「民主の中堅・若手は、勉強している議員も多く層が厚いために目立てない部分もある」として、「仮に(進次郎議員が)民主へ移った場合、どこまで通用するか」と、「中身」に注文をつけている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中