「耳かき店員ら殺害」無期 裁判員制「初の死刑求刑」で判決

印刷

   耳かき店員の女性とその祖母の刺殺事件公判(裁判員裁判)で、東京地裁は2010年11月1日、殺人罪などに問われた元常連客の無職、林貢二被告(42)に無期懲役の判決を言い渡した。裁判員裁判として初の死刑求刑事案だった。判決は「被告なりの反省の態度は考慮すべきだ」などと指摘し、死刑を回避した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中