格付けの取得義務、11年から撤廃

印刷

   金融庁は企業内容等の開示に関する内閣府令を見直し、不動産投資信託や、特定目的会社などが発行する特定短期社債、短期投資法人債などの特定有価証券などに義務付けている格付けの取得を撤廃、2011年1月1日から適用する。

   格付けは投資判断の材料として定着しており、現行では公募型の有価証券のほとんどで取得している。ただ、2007年夏に米国で起こったサブプライム住宅ローン問題をきっかけに格付けの信頼性が問われ、世界的に格付け会社への規制を強化する動きにある。

   金融庁は投資信託法などの関連法の施行規定を改定して格付け義務をなくすほか、証券子会社による親会社などの社債の引き受けでは、発行残高が250億円以上であることや過去5年間に発行した社債の総額が100億円以上であること、などの制限を設ける。

   格付けがひとり歩きすることによる弊害や、発行者が都合のよい格付けを恣意的に選択することを防止する観点から、有価証券届出書から「取得格付」欄を削除する。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中