揺らぎ始めたiPhoneの独占 ドコモ「巻き返し」の秘密兵器

印刷

   NTTドコモが売り出した韓国サムスン電子製のスマートフォン(多機能携帯電話)「ギャラクシーS」が好調だ。発売前から予約が殺到し、一部の販売ランキングではアップルの「アイフォーン(iPhone)」を追い抜いたという。

   ギャラクシーSは、米グーグルが開発した基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載。世界的にはアイフォーンをとらえつつある「アンドロイドケータイ」で、国内でもアイフォーン独占の時代に終止符を打つことができるか。

「フラッシュ」見られるのが強み

「ギャラクシーS」はアイフォーンの対抗機に
「ギャラクシーS」はアイフォーンの対抗機に

   サムスン電子が開発したギャラクシーSは、欧米市場でも人気のモデルだ。操作性はアイフォーンに似ているが、ディスプレーに有機ELを採用して色彩を鮮やかに表現できるのが特徴。アイフォーンでは見られない「フラッシュ」を使った動画などのコンテンツも表示されるため、ウェブサイトの閲覧に適している。軽さや持ちやすさ、薄さもセールスポイントだ。

   2010年10月28日の発売前から人気は高く、予約台数は約5万台に上った。ドコモは2010年4月に、ソニーエリクソン製スマートフォン「エクスペリア」を投入したが、同社広報部によると、「予約のペースはギャラクシーSの方が速かった」という。

   日本のスマートフォン市場は、アイフォーンの独占状態が続いている。MM総研が10月26日に発表した、2010年度上期の国内スマートフォン出荷台数は223万台で前年同期の2倍以上と急増、そのうちアップルが60.1%を占めた。だが、「ITメディア」がマーケティング会社GfK Japanのデータを基に発表した携帯電話のキャリア別販売ランキングを見ると、10月25日~31日の週は、ギャラクシーSがアイフォーンを抜いて首位に立った。これまで独壇場だったアイフォーンに対抗する強敵が現れたことを示したとも言える。

国内で普及してきたアンドロイド

   実際、米国では新規契約者ベースで、アンドロイド搭載機がアイフォーンを上回り始めた。国内を見ると、アンドロイド携帯は2009年にドコモが販売した台湾HTC製のモデル程度だったが、その後ドコモがエクスペリアやシャープ製の「LINX SH-10B」を投入。そして、世界的にもヒットしているギャラクシーSを、満を持して発売した。11月8日には、さらに新型のアンドロイド機種を発表。ライバルのKDDIが11月下旬に発売予定のスマートフォンも、アンドロイド機だ。これらがユーザーの支持を得て人気に火がつけば、アイフォーンのシェア低下も避けられない。そもそもアイフォーンを販売するソフトバンクモバイル(SBM)も、新たにアンドロイド機種を発表している。

   新モデルとは別に、ドコモはもう一つ「武器」を披露した。「LTE」と呼ばれる、通信速度が3Gよりも高速な通信規格を利用した次世代携帯サービスを、10年12月24日から提供すると発表したのだ。光回線レベルの通信速度を実現し、スマートフォンを使ってのウェブの閲覧や大容量のデータ通信に効果的と思われる。料金は現行の3G通信料より割高となるが、業界ではKDDIやSBMに先行してのサービス開始だ。これを機に、新規ユーザーにはアイフォーンではなくドコモのスマートフォンへ誘導したいところだが、当初はサービス提供範囲が東京、名古屋、大阪の一部の地域に限られ、全国展開は当面先になりそう。どこまでアピール材料になるかは未知数だ。

   それでもドコモの山田隆持社長は、ギャラクシーSの発売イベントでスマートフォンの販売計画に触れ、当初目標と定めていた100万台よりも「20~30%は上にいきたい」と強気にもみえる発言をした。社長プランの実現のためには、息切れせず人気機種を投入できるか、さらに今後、LTEによるサービスでどれだけ消費者をひきつけられるかがカギになるだろう。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中