ビデオ投稿海上保安官が所属 5管本部は「ユーチューブ」に慣れていた

印刷

   YouTube(ユーチューブ)に流出した尖閣ビデオについて、海上保安庁の男性職員が2010年11月10日、「自分がやった」と告白したが、職員が所属する第5管区海上保安本部(神戸市)では、PRイベントの様子のほか、実際の救助シーンも公開、ユーチューブを積極的に広報活動に採用していた。

   5管本部は日本海側を除く、兵庫、大阪、和歌山、徳島、高知の各府県の沿岸地域を管轄。海上保安庁としては珍しく、ユーチューブに公式チャンネルを持っている。

実際の救助を「躍動感あふれる映像で配信」

公式チャンネルで公開されている動画。
公式チャンネルで公開されている動画。

   アカウントは「gokaiho」で、2009年12月に開設された。現在までに13の動画がアップされている。PRイベントで放水する船艇などを写した動画のほか、実際の救助シーンもある。

   09年11月、三重県で座礁したフェリー「ありあけ」の救助を収めた1分弱の動画では、中型ヘリコプターからロープを伝って降りてきた海保職員が、乗員と一緒に引き揚げられるシーンが収められている。その後、船が横転する場面も入っている。別の動画では、夜間荒波に揉まれる船から乗員をヘリコプターに引き揚げている。いずれも迫力十分だ。

   また職員が供述する前日、11月9日に配信された動画では、PRイベントで行われた公開訓練シーンを収録。逃走する船を海保の船で包囲するという訓練で、5管本部によると普段やっている訓練と同じ内容だという。

   5管本部HPのトップには、ユーチューブへのリンクが貼られており、「インターネット上の動画コンテンツ共有サイトYouTubeを利用して、海難救助やイベント等の躍動感あふれる映像を配信しています」と説明が付いている。

本部長の指示でユーチューブの公式チャンネル開設

   5管本部の総務課によると、ユーチューブの公式チャンネルは、総務課広報地域連携室という部署が担当。一般の人に海保の業務を理解してもらうには、動画が分かりやすいと判断した。5管本部では、09年7月に新しい本部長が着任。新しいものに積極的な本部長なのだそうで、ネット含め、使えるものは積極的に使って広報活動をしていくようにと指示があったという。

   他の管区でも動画配信をしているが、ユーチューブの公式チャンネルは海保初だとしている。

   総務課の担当者によると、公式チャンネルのパスワードは、広報地域連携室の5人しか知らず、供述した職員とも「全く関係ありません」ということだった。

「海上保安庁は、海上で消防や警察の役割を担っています。イベントで行われた逃走船捕捉訓練も、海保の仕事の一つとして一般の方々に理解してもらうために公開しました。9日の公開はある意味微妙なタイミングになってしまいましたが、今後もユーチューブでの広報を続けていく予定です」

   5管本部には、職員供述の第一報が出た10日昼から電話が殺到。職員を「処分しないで」という声が老若男女問わず、幅広い層から多数寄せられているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中