ドミノ・ピザ時給250万円のバイト 「日本を元気にする」仕事とは

印刷

   時給250万円という破格のアルバイトを募集すると話題になっている宅配ピザ・チェーンの「ドミノ・ピザ ジャパン」が、その応募要領を自身のホームページと「TVBros」(東京ニュース通信社)で2010年11月10日に発表した。

   ドミノ・ピザの日本上陸25周年を盛り上げて、ついでに日本も元気にする、1時間だけの仕事という超短期のアルバイト。一見「おいしそうな」仕事ゆえ、応募が殺到することが予想されるが、定員は1人というから超難関だ。

ヤラセなし「本当のガチンコです」

「超難関」を突破するのは誰?(写真は、ドミノ・ピザ「25周年記念スタッフ募集」のホームページ)
「超難関」を突破するのは誰?(写真は、ドミノ・ピザ「25周年記念スタッフ募集」のホームページ)

   ドミノ・ピザ ジャパンが発表した「日本上陸25周年スタッフの募集」によると、応募資格は、18歳以上で、学歴や経歴は不問。新聞やテレビなどのメディアへの出演が可能で、ドミノ・ピザの関係者でなければ誰でも応募できる。

   時給は250万円。宅配ピザのアルバイトの時給はおよそ800円で、多くて1000円が相場だから、10月下旬に同社のホームページに「スタッフ募集」が掲載されてから、「ウソのようなホントの話」として話題になっていた。

   応募する人は市販の履歴書に、自己PRや特技、意気込みなどを記入して、11月17日(必着)までに郵送する。書類選考後、面接を経て採用者を決定する手順だ。

   選考の重責を担う面接官は、タレントの清水ミチコ(50)さんや光浦靖子(39)さん、コラムニストで漫画家の辛酸なめ子(36)さんに作家の岩井志麻子(45)さんといった少々コワモテの女史がつとめる。4人はいずれも、「TVBros」で連載コラムや読者相談、企画記事などで執筆していて、強烈な個性と視点をもち、また毒舌の持ち主でもある。

   「TVBros」編集部は、「よくヤラセではないかって聞かれるんですが、本当のガチンコで選考するので、どうなるのか、まったくわかりません」という。

   応募については「これだけ世間で話題になってしまったので1万人、あるいは応募期間が1週間と短いので逆に案外少ないんじゃないかと。とにかく、ふたを開けてみなければわかりません」と話している。

「なにか突飛なことをやらされる」との憶測も

   一方、肝心の仕事の詳細については、まだ明かされていない。応募要領の仕事内容には、「ドミノ・ピザ日本上陸25周年を一緒に盛り上げてください。ついでに日本も元気にしてください」と書かれているだけだ。

   採用選考にあたる「TVBros」編集部は、「仕事の詳細について、いまはお答えできません」という。ドミノ・ピザも、「バイクに乗る仕事や危険な仕事、海外の仕事でないことは間違いないです」と話し、あとは答えられないとしている。

   そんなこともあって、「1時間 250万円」のアルバイトが、いったいどんな仕事をするのか、ネットなどでは憶測を呼んでいる。

   メディアへの露出が条件ということで、CM撮影やイベントへの出演がありそうだが、「雑誌や新聞、テレビの取材となると1時間では終わらなさそう」との見方も。「なにか突飛なことをやらされるに違いない」と不安げな声も混在する。

   そもそも、今回の「250万円バイト」の採用はドミノ・ピザが日本上陸25周年を記念して展開している「25の企画」の一環として実施するもの。話題性だけでも250万円の宣伝効果はありそうだ。

   ドミノ・ピザは、具体的な仕事内容については11月24日までに書類選考を通過した応募者に知らせるという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中