日テレの「朝の顔」羽鳥アナ 退職の背景に「新賃金制度」?

印刷

   これまでも「フリー転身」説がささやかれていた日本テレビの羽鳥慎一アナウンサー(39)の退社が、いよいよ確定的になったようだ。だが、羽鳥アナは、7年以上にわたって同局の「朝の顔」を務めている。そんな羽鳥アナが転身を決意した背景には何があったのか。

   スポーツ紙各紙が2010年11月10日に報じたところによると、羽鳥アナが11年3月いっぱいで退社して、フリーアナウンサーとして活動することになったという(日本テレビは各社に対して「聞いていない」と否定)。中には、お昼のワイドショー「ミヤネ屋」の司会を務めるフリーの宮根誠司アナウンサー(47)が、10年4月に東京に進出した際に設立された事務所「テイクオフ」に所属する可能性が高いと報じている社もある。

「好きなアナウンサーランキング」で1位になったことも

   羽鳥アナは1994年に早大を卒業し日本テレビに入社。2003年2月から朝の情報番組「ズームイン!!SUPER」に司会を務めている。06年には、女性誌「an・an」の「好きなアナウンサーランキング」で1位に選ばれている。

   いわば、「局の朝の顔」とも言える存在だが、なぜこの時期に、フリー転身を決意したのか。これまでの報道によると、大きく2つの理由がささやかれているようだ。

   ひとつが、待遇面だ。日本テレビでは、会社側が人件費の抑制を目的に導入を目指している新賃金制度をめぐって、労組側が猛反発。すでに、3度もストが行われている。同社の有価証券報告書によると、10年3月末時点での従業員の平均年齢は40.7歳で、平均年収は1262万円。羽鳥アナの年収も同程度だとみられるが、新制度が導入された際には、900~800万円にまで減少する可能性がある。一方、フリーに転身した際は、年収が数千万円にまでふくれあがる可能性もある。このため、「脱出」するには丁度良いタイミング、という訳だ。

「ズームイン」の改編も理由の1つか

   もう一つの理由が、「番組降板説」。「ズームイン」は、視聴率の面でフジテレビの「めざましテレビ」の後塵を拝しており、テコ入れ策として、11年3月にも大改編が行われる可能性が指摘されている。さらに、これにともなって、羽鳥アナが降板するとの観測もある。このことから、「『降板決定後に退職を表明するよりは、今の内に退職を表明した方が、体裁が良い』ということなのでは」とのうがった見方もある。

   なお、移籍先だと報じられた「テイクオフ」の担当者は、

「特にそのようなことは聞かされていない。みんな出払っているので、詳しいことは分からない」

と、移籍を否定も肯定もしていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中