薄型テレビ品薄で値上がり? エコポイント「半減」迫る

印刷

   家電エコポイントが2010年12月1日から「ほぼ半分」に切り下げられるのを前に、週末の家電量販店には薄型テレビを求めるお客であふれている。家電マーケティングのBCNの調べでは、10月の薄型テレビの販売台数は前年同月に比べて3.2倍となり、過去最高を記録した。

   そうした中で、人気の薄型テレビの在庫が心配され始めている。エコポイントの点数見直しで価格は実質値上げになるが、さらに在庫不足による市場価格の上昇を懸念する向きもある。

駆け込みで前年比最大「5倍」の特需

エコポイント半減で、人気の薄型テレビは品薄に(写真は、カカクコムの「家電」サイト)
エコポイント半減で、人気の薄型テレビは品薄に(写真は、カカクコムの「家電」サイト)

   家電エコポイントは12月から、点数がほぼ半分に減る。たとえば10万円の37型薄型テレビを、エコポイントを使って今月中に買えば、1万7000点が付与されて8万3000円で買える。それが12月には8000点に減るので同じ商品が9万2000円になってしまう。消費者にとって、9000点の差は大きい。そのため、家電量販店にお客が殺到しているのだ。

   家電量販店大手のコジマは、2010年11月6、7日の売上げが前年の第1週に比べて約2倍を記録した。「薄型テレビは付与されるエコポイントが大きいこともあって、1番の伸び」という。

   また、ヤマダ電機が11月14、15日の実績を前年と同じ曜日で比べたところ、薄型テレビは5.5倍伸びた。「来年の地デジへの切り替えもあり、平日から混みあっている」と話す。 デオデオや石丸電気などを展開するエディオングループも「前年の4~5倍ほどで、好調です」という。

   調査会社のBCNは、薄型テレビの10月の販売状況を、「買い替えを考えていた消費者が動いた」とみていて、11月には駆け込み消費がさらに増して「10月を凌ぐ」と予測している。

安くていいモノものは早い者勝ち

   「過去最高」の売れ行きをみせる薄型テレビだが、そうなると気になるのが在庫だ。人気の商品はすでに在庫切れが心配されており、消費者をやきもきさせている。BCNは「駆け込みが急増して需要に応えきれずに、販売店が在庫切れに陥るかもしれない」と懸念。「販売台数が頭打ちになる恐れがある」とも話している。

   在庫不足となれば価格の上昇が心配だが、価格について家電量販店は、コジマが「お答えできません」としたほか、ヤマダ電機が「値上がりはありません」、エディオングループも「在庫は十分用意していますし、値上げはありません」という。ビックカメラも「在庫不足を理由に値上げすることはありません。市場価格を見ながら、適正な価格を決めています」と、各社が値上がりを否定している。

   しかし、カカクコムの購買支援サイト「価格.com」で、たとえば売れ筋の東芝「LED REGZA 42インチ」の価格変動履歴をみると、11月9~11日のわずか3日間で2000円近く上昇していて、カカクコムでは「10月のエコポイントの見直し以降から、高いものでは2万円ほど上昇している商品もあります」(広報室)と話す。

   ただ、これにはちょっとした「カラクリ」があって、「実際には同じ商品でも値段の安いところから売れていくので、後から買う消費者の目には結果的に高いものが残って、値上がりしたように見えるんです」と説明する。

   また、約4000の家電量販店を調査するジーエフケー マーケティングサービス・ジャパンは、「薄型テレビの平均価格は9月に8万円を割り込んでから一進一退でしたが、ここ最近で8万円近くに戻ってきています」と話している。

   やはり、安くていいモノは早いもの勝ちのようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中