2010年日本カー・オブ・ザ・イヤー ホンダCR-Zに決まった裏事情

印刷

   2010年の日本カー・オブ・ザ・イヤーがホンダのハイブリッド(HV)スポーツカー、CR-Zに決定した。HVカーとしては世界初の本格スポーツカーで、燃費の良さと走りの楽しさをスタイリッシュなボディで両立した点が高く評価された。

   HVカーの日本カー・オブ・ザ・イヤーの受賞は09年のトヨタプリウスに続いて2年連続、ホンダの受賞は07年のフィット以来、3年ぶり。CR-Zはスポーツカーとして予想を上回るヒット作で、今年の自動車市場に一石を投じたことから、日本カー・オブ・ザ・イヤーの本命と見られていた。

「運転してワクワクするクルマを作りたいと思った」

   今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは、09年10月から10年9月までに発表または発売された国内外の乗用車が対象で、44台のノミネート車の中から上位10台が最終選考に回り、自動車評論家、自動車ジャーナリストら選考委員60人の投票で決定。ホンダCR-Zは得票406点で、2位のフォルクスワーゲンポロの397点を辛くも交わした。以下は、3位がスズキスイフトの228点、4位がプジョーRCZの190点、5位は日産マーチの67点だった。

   日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会はホンダCR-Zの受賞理由について「HV技術による燃費の良さと走りの楽しさを高い次元で両立できることを証明し、いち早く量産モデルにしたことを高く評価した」とコメント。

   受賞式でホンダの開発責任者、友部了夫氏は「CR-Zの実力で取ったと自負している」とユーモアを交えて語り、会場の笑いを誘った。友部氏は「HVで新しい価値観を作りたかった」と強調。「クルマ社会を元気にしていこうという願いを込め、運転してワクワクするクルマを作りたいと思った。カッコ良くてワクワクするクルマをお客様も理解してくれた結果だ」などと喜びを語った。

「RJCカーオブザイヤー」はCR-Zでなくスズキスイフト

   若者の自動車離れが進み、環境性能が重視される昨今は「スポーツカー冬の時代」と言われるが、CR-Zはスポーツカーも環境性能との両立が可能で、販売面でもスタイリッシュで未来的なスポーツカーには今も幅広い需要があることを証明して見せた。

   今年の日本カー・オブ・ザ・イヤーはCR-Zが本命だったとされていたのには、もう一つの理由がある。日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員はレーサーやラリースト出身の自動車評論家が多く、スポーツカーファンが多いからだ。この点、「走り」と「燃費」が両立したCR-Zに有利だったとみられている。事実、60人の選考委員のうち、CR-Zに満点の10点を投じたのは24人と最多で、この中にはレーサーやラリースト出身者が多かった。

   もうひとつの「今年の車」である「RJCカーオブザイヤー」(2011年次・国産車部門)には2010年11月16日、スズキスイフトが決まった。RJCはNPO法人「日本自動車研究者ジャーナリスト会議」で、会員には大学などの学識経験者、レーサー出身でない古参の自動車評論家が多い。こちらは、伝統ある日本カー・オブ・ザ・イヤーを「メーカーの接待づけ」や「運動性能に偏重した選考」が多いなどと批判して1991年に誕生した経緯がある。過去の受賞車も日本カー・オブ・ザ・イヤーがスポーツカーや高級車が多いのに対して、RJCカーオブザイヤーはスポーツカーよりもファミリーカーが多く、今年も、既存のガソリンエンジンの改良に努め、第1次選考で1位だったスズキスイフトがすんなり選ばれ、CR-Z(1次選考5位)は及ばなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中