ペットボトル入りボージョレが大人気  仏生産者団体は「イメージ低下」懸念

印刷

   フランス産ワインの新酒ボージョレ・ヌーボーが解禁されたが、2010年はペットボトルに入ったものが大人気だ。安価で高品質を謳い、スーパーでは売り切れ状態となっているが、余りの人気振りにフランスの生産者団体は「イメージ低下」を恐れている。

   ボージョレ・ヌーボーが11月18日に解禁され、現在全国のスーパーや量販店に特設コーナーが設置されている。

マスター・オブ・ワインが監修、690円の西友ボージョレ

   その中で目立つのがペットボトルに入ったものだ。ボージョレ・ヌーボーは飛行機で空輸されるため、軽量のペットボトルは輸送費の節約になる。ただ一方で、ガラス瓶に比べて酸素を通しやすく、酸化でワインの味が落ちるとしてこれまではあまり使われてこなかった。

   大手スーパーの西友は09年からペットボトル入りボージョレ・ヌーボーを販売し、10年も750mlペットボトル入りのものを690円で扱っている。同社と同じウォルマートグループの英国・アズダ社のワイン責任者で、世界に289人しかいないとされるマスター・オブ・ワインの資格を持つ、フィリッパ・カール氏が監修。低価格で高品質のボージョレだとしている。

   目標販売数量は09年比160%だったが、解禁日から1日しかたってない19日の段階で、ほぼ売り切れ状態だという。同社広報室は

「ペットボトルだと品質を保てる時間は短くなると言われていますが、出来てから直ぐ飲むボージョレには関係ありません。軽いだけでなく、屋外に持ち出しても割れませんし、製造エネルギーも少なくてエコ。ボージョレだったら、ペットボトルはとても優れています」

と胸を張る。ツイッターにも「今晩寄ったらもうボージョレ・ヌーボーPET版は売り切れ」「690円でこれは美味しい~です」といった呟きが投稿されていた。

2011年から「ボージョレ産ワイン」名乗れなくなる?

   ガラス瓶に負けないという、高品質ペットボトルを売りにする商品も出てきた。酒造メーカーのメルシャンは、09年から3層構造になった高品質ペットボトル「MLP(マルチ・レイヤー・ペット)」を採用したワインを輸入。酸素バリア性やUVカット性に優れたペットボトルで、ガラス瓶と同程度の品質安定性を誇るという。

   同社が輸入する「アルベール・ビショー ボージョレ・ヌーヴォー2010 ペットボトル」は実勢価格が1580円程度。他のガラス瓶入りのものより20~30%安くなっている。同社の2010年ペットボトル入りボージョレ・ヌーボーの輸入数量は09年より35%増しだという。

   大人気のペットボトル入りボージョレだが、2011年から流通できなくなる可能性も出てきている。仏民間生産者団体・ボージョレワイン委員会が18日に都内で開いた会見で、「ボージョレ産ワイン」を名乗るのにガラス瓶詰めであることを条件とする法案を作ろうとしていると明かした。ペットボトルだと、イメージや品質維持に問題があるのだという。11年6月に仏政府系機関に申請し、受理される見通しだとしている。フランス食品振興会日本事務所の担当者は、

「ボージョレ・ヌーボーはその年初めて飲まれるボージョレ産ワインで、お披露目的な意味もあります。生産者の方々は、そうした重要なボージョレ・ヌーボーがペットボトルで飲まれることで、他のボージョレ産ワインにも『安い』というようなイメージが波及するのを懸念しているようです。法令が定められれば、ペットボトル入りはボージョレ・ヌーボーではなく、ただのペットボトル入りワインとなってしまいます」

と話している。

   J-CASTニュース編集部も都内スーパーで980円のペットボトル入りボージョレ・ヌーボーを入手。ペットボトルなので手に取ると表面がボコッと凹むが、フルーティーで濃厚な味わいだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中