マイケル「THIS IS IT」地上波初放送 ファン大興奮だが「CM地獄」が心配?

印刷

   日本テレビが2010年12月24日に4時間に渡るマイケル・ジャクソンの特別番組を放送する。マイケル・ジャクソンの生い立ちを紹介し、09年10月から上映された映画「THIS IS IT」をノーカットで地上波初放送する。ファンは大興奮しているが、「CMが大量に投入され、見づらくなるのでは」と心配する声も出ている。

   マイケルの特別番組は日テレの「金曜ロードショー」枠で19時から22時54分まで放送される。19時から「蘇るマイケル・ジャクソン伝説24連発!」というタイトルでマイケルのこれまでの軌跡を紹介。20時30分からは「THIS IS IT」を放送する。

「わたし、クリスマスイブはマイケルと共にすごします!」

   日本テレビによれば、今回の特集の目玉はもちろん「THIS IS IT」のノーカット放送。その前に放送する「蘇るマイケル・ジャクソン」はマイケルの軌跡を紹介し、「THIS IS IT」を盛り上げる。このニュースにネットでは、

「クリスマスイブに『THIS IS IT』。やるな日テレ」
「わたし、クリスマスイブはマイケルと共にすごします!」

などと大盛り上がりになっているが、ファンには気がかりなことがあるようだ。映画の放送権料は莫大なもので、採算を取るために大量のCMを投入するはずだから、途中で気分が削がれてしまうのではないか、というのだ。

   「THIS IS IT」のノーカット版は111分。これに対し、放送時間枠は144分だ。単純計算すると33分が映画以外で使われることになる。日テレに「この33分は番組司会者などのトークに使うのか」と聞いたところ、「うちにはCMがありますから」という返答が返ってきた。かなりCMが入るのは間違いないようだ。

「崖の上のポニョ」などCMに違和感

   「金曜ロードショー」で地上波初を謳った放送の場合、「CMが多すぎてウザイ!」といった声も出ていた。

   09年4月に放送した映画「宇宙戦争」では、Q&Aサイト「ヤフー!知恵袋」に

「CMが多くないですか?まるでCMが本編で、映画がその合間にやってる感じですよ」

という問い掛けが出て、

「ほんと見づらいです。日テレに苦情のメールしましたよ」

という回答が寄せられベストアンサーに選ばれ、10年2月5日に放送されたアニメ映画「崖の上のポニョ」では

「帰って途中から観たけどCMが多すぎて寝てしまった」

といった意見が出た。

   広告業界の関係者は、

「111分の本編中に33分のCMが入るとしたら、かなりキツイですね。ファンからの苦情はあると思いますよ」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中