日本人の男に執行猶予付き死刑判決 中国

印刷

   日本の地裁に当たる中国遼寧省瀋陽市の中級人民法院は2010年11月29日、麻薬密輸の罪に問われた20代の日本人の男に執行猶予2年の付いた死刑判決を言い渡した。日本のマスコミでも同日報じられた。

   猶予付きは異例だが、猶予期間中に犯罪がなければ無期懲役に減刑されるという。男は控訴しないと報じられている。判決によると、男は2月、瀋陽の空港で成田行きの航空機に搭乗しようとして、覚せい剤約1キロを所持しているのが見つかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中