砲撃非難しない「唯一」の国中国 北朝鮮との「蜜月」一層強める

印刷

   北朝鮮の韓国に対する砲撃事件が波紋を広げるなか、主要各国で唯一非難声明を出していないのが中国だ。特に数ヶ月、両国の「蜜月ぶり」が目立つ。その狙いは何か、と訝る声も出ている。

   朝鮮戦争の際に人民解放軍を参戦させた中国と北朝鮮は「血で結ばれた友情」だとされる。最近、この傾向がますます強まっている。

南北朝鮮の統一は、根本的に国益に反する

   金正日総書記は2010年5月と8月に中国を訪問。8月の訪中で訪れたのは中国東北部だが、胡錦涛国家主席が北京から現地に足を運んで首脳会談が行われている。また、10月10日に平壌で行われた軍事パレードの「ひな壇」には、金総書記や正恩氏に並んで、中国共産党の周永康・政治局常務委員の姿もあった。

   さらに、10月26日には、金総書記や正恩氏、同氏の後見人とされる張成沢氏ら、そうそうたるメンバーが平安南道檜倉郡にある中国義勇軍の旧司令部を訪問。戦死者の墓地の前で献花した。毛沢東主席の長男も、ここに埋葬されている。

   北朝鮮問題を40年以上研究しているエイダン・フォスター・カーター・リーズ大学名誉上級研究委員は、外交専門誌「フォーリンポリシー」(電子版)の中で、この訪問について分析している。その中で、

「北朝鮮は感謝の意を表そうとしないものだ。従って、この訪問は極めて特異なことだ。これが何を意味するのか。金親子は、中国にすり寄っている。なぜならば、他にすり寄る相手がいないからだ」

と、中国が北朝鮮にとっては「最後の砦」だとの見方をしている。

   では、中国側の狙いはどこにあるのか。

   カーター氏は、

「中国は最近、『韓国側が主導する形で米国の同盟国として南北朝鮮の統一を果たすことは、根本的に国益に反する』との決定をした。中国は北朝鮮について自国の枠組みを追求し、誰もそれを止められない。金親子に『見捨てられていない』と思わせるために、若干の挑発行為は容認するだろう」
「中国の『衛星国家』になることは屈辱的なことだが、あらゆる意味で、消滅してしまうよりはましだろう」

とみる。

3度目の核実験にも「反対」といわない?

   つまり「南北が統一するよりも、北朝鮮を支援した上で独立国家として存続させた方が、中国側の国益になる」という判断をした、ということのようだ。また、中国が北朝鮮に支援する条件として(1)市場経済を導入するなどして、崩壊した経済を立て直す(2)「ならず者国家」的行動をやめること、などを求めるとみられている。

   このことから、中国が国際社会での立ち振る舞い方も変えるのではないかとの観測もある。例えば、06年と09年に北朝鮮が核実験を行ったと主張した際には、中国は「断固反対」の声明を出したが、「3度目の核実験に踏み切った場合、どんな見解を出すべきか―。中国氏府関係者によると、こんな検討が進んでいる」(10年12月1日、日本経済新聞)のだという。

   このような背景を察してか、米国からは、北朝鮮問題をめぐる中国への注文が相次いでいる。11月28日には、ジョン・マケイン上院議員がCNNの番組で

「残念ながら、中国は責任ある大国としてふるまっていない」

と批判。リチャード・ダービン上院議員も同日、クリントン国務長官と会談した内容をNBCの番組で明かしている。それによると、

「中国は、この不安定な状況を抑えるための価値ある役割を果たすことができるということで(ダービン氏とクリントン氏)両者の意見が一致した」

と、やはり中国が北朝鮮をコントロールすることを求めている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中