高級スーパー「成城石井」も売却へ 焼肉の「牛角」小売業から完全撤退

印刷

   焼肉チェーン店の「牛角」を展開するレックス・ホールディングス(HD)が、傘下の高級スーパー「成城石井」を売却する方針であることがわかった。買収には、三菱商事と三菱UFJフィナンシャル・グループが出資する「丸の内キャピタル」や、米投資ファンドの「ベインキャピタル」などの名前があがっていて、3~4社が争っているようだ。

   レックスHDは買収先を絞り込んだうえで最終入札を実施し、早ければ2011年1月中にも売却先を決める見通し。経営不振が伝えられている同社だが、「成城石井」の売却で一層の財務改善を図る。

飲食店チェーン、海外に急展開

売却が取沙汰される高級スーパーの成城石井(写真は、同社ホームページ)
売却が取沙汰される高級スーパーの成城石井(写真は、同社ホームページ)

   レックスHDが「成城石井」の経営権を取得したのは、2004年10月。成城石井の発行済み株式の67%を創業家から65億円で買収した。成城石井は、輸入品をはじめ高品質な食材、食品をそろえる高級スーパーとして首都圏や関西の大都市部などに77か店を展開している。2009年度の売上高は約433億円だった。

   一方、親会社であるレックスHDは傘下に、焼肉の「牛角」や、居酒屋の「土間土間」や「かまどか」、レストランの「レッドロブスター」などを運営する「レインズインターナショナル」と、業務用食材の卸売り(共同仕入れ)と物流の「コスト・イズ」、小売業・飲食店のフランチャイズ・チェーンの店舗運営や経営指導を担う「ビーシーサーブ」、それに「成城石井」の4社を抱えている。

   「牛角」や「土間土間」などのチェーン店は、国内1227か店(10年6月末時点)。海外は米国のロサンゼルスやハワイ、ニューヨークに台湾、シンガポール、インドネシアにも及ぶ。

「途中の段階でコメントできない」

   レックスHDは、成城石井を買収する2か月前の2004年8月に、当時コンビニ業界第7位の「am/pm」を展開していたエーエム・ピーエム・ジャパンを買収していた。

   1996年に「牛角」をオープン。その後もチェーン店の拡大や、2000年には株式を店頭売買銘柄に登録。レストランのレッドロブスター・ジャパン、さらには「am/pm」に成城石井と、多角化に向けた買収で事業を拡大してきた。

   しかし、「am/pm」は不採算に陥り、飲食店チェーンも景気悪化に伴う「外食離れ」で売上げが伸びずに苦戦するなど、財務状況が思わしくなくなった。09年12月には、有利子負債を圧縮するため、「am/pm」をファミリーマートに売却。今回の成城石井の売却で、小売業から完全撤退することになる。今後は、飲食チェーンの経営に特化する。

   レックスHDは、07年4月のMBO(経営者による自社株式の買収)によって上場を廃止。それ以降、財務状況については開示していない。

   同社は「グループの企業価値の向上については常に考えています。それによる買収や売却の可能性はありますが、途中の段階でコメントすることはありません」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中