早くも飛びかう「新型iPad」情報 重さ半分、映像カメラ搭載

印刷

   米アップルのタブレット型多機能情報端末「iPad」の新型モデルが、2011年2月にも出荷開始との情報が流れている。台湾の電子機器メーカーが情報源で、すでに生産工場が出荷に向けた準備を進めているという。

   メディアの中には、どのような新機能が搭載されるかを予想するところも出てきた。タブレット端末が続々と発売されるなかでアップルは、ライバルたちを引き離そうと早くも次の一手を繰り出すのか。

100日以内に新型iPadの出荷が始まる

1周年を待たずに新モデル発売か
1周年を待たずに新モデル発売か

   台湾のメディア「デジタイムズ」は2010年12月7日、「『iPad 2』が2011年2月末までに出荷スタート」との記事を掲載した。iPadは、台湾の電子機器受託製造会社のフォックスコン(鴻海精密工業)が生産を請け負っている。記事によると、同社がもつ中国・深センの工場から今後100日以内に新型iPadの出荷が始まり、初回の台数は40万~60万とされた。台湾の電子機器メーカー関係者の証言が基になっているが、フォックスコンは否定した模様だ。

   この情報に、IT系のメディアが食いついた。米タイム電子版の「テクノロジーブログ」では、「スティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)が自ら公表するまでは、確実な情報は期待できない」としながらも、早速「新型iPadはこうなる」と予想してみせた。

   新たに搭載されるとして挙げた機能は、ビデオカメラだ。アップルの「アイフォーン(iPhone)4」のように、本体の表と裏に一つずつ映像用カメラが付くのでは、と予測する。また、現状の課題としてiPadの重さを指摘。「Wi-Fi」モデルは680グラム、「Wi-Fi+3G」は730グラムあるが、「半分ぐらいになれば好ましい」とした。画面は、高解像度の映像が見られるディスプレーの採用を可能性として挙げた。

専用ケースにもカメラ用の穴

   新型iPadの出荷が近いことを示す別の情報も出てきた。iPadを保護するためのケースの写真が、ネット上に出回ったのだ。その一つは、大阪の電子機器販売店「ラジオショック」がツイッターで紹介したもの。写真を見ると、ケースの背面の隅に、カメラ用と思われる丸い穴が空いている。複数の英文ITブログでは、中国・深センにあるパソコン周辺機器販売店が、新型iPad用のケースの入荷を始めたとして、やはり背面に穴の空いたケースの写真を載せた。

   2010年5月の発売以来、日本を含め各国でブームとなったiPadだが、その後韓国サムスン電子の「ギャラクシータブ」など競合モデルも次々に登場している。仮に「iPad 2」のうわさが本当であれば、大ヒット製品でも発売から1年を待たずに新作を出すことでアップルは、ライバルの追い上げを許さない対決姿勢を示すことになる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中