米ハフィントン・ポスト急成長 「黒字化」で時価総額370億円?

印刷

   米政治系ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」が、創刊5年目にして初の黒字を計上する見通しであることが明らかになった。サイト創設者のアリアナ・ハフィントン氏が米通信社のブルームバーグに明らかにしたものだ。絶好調ぶりの秘密は、どこにあるのか。

   サイトは2005年にオープン。現時点でのサイトの月間ユニークビジター(月に1度はサイトにアクセスする人)数は、2600万人を超えており、そのうち約400万人は、掲載された記事に、何らかの見解を示すという。

2012年には売上を1億ドルに引き上げる計画

   ハフィントン氏は、ブルームバーグに対して、

「読者はニュースを消費するだけではない。ニュースを共有したり、進歩させたり、内容を加えたりしたいものだ」

と、読者が「単なる読者」にとどまらないことを強調している。売り上げの見通しについては明らかにしていないものの、ハフィントン・ポストに近い関係者がブルームバーグに語ったところによると、10年には3000万ドル(約25億円)ある売り上げを、12年には3倍の1億ドル(約84億円)にまで引き上げる考えだという。

   米調査会社のコムスコアの調べによると、ニューヨーク・タイムズのユニークビジター数は3460万人。約2600万人のハフィントン・ポストがニューヨーク・タイムズを猛烈に追い上げている形だ。ニューヨーク・タイムズは、コストを削減し、ネット広告収入が好調なこともあって、ここ2年ほどは黒字基調だ。なお、広告収入の伸びは、読者数の伸びと大きな関係があるとされる。

   約190人のスタッフを抱えているハフィントン・ポストの主な収入源は広告収入で、現段階では記事自体の有料化や、紙媒体への進出は考えていないという。

今後も広告収入が大きな伸びを見せる

   このように、ハフィントン・ポストは、今後も広告収入が大きな伸びを見せるものとみられている。その中でも、「ソーシャルマーケティング」と呼ばれる、ニュース記事に関連して、企業が自社と社会とのつながりをアピールする形式の広告が、大きく成長を期待されている。

   なお、紙媒体や電波媒体を持たないメディアのウェブサイトが、これだけの読者を持つケースは珍しい。例えば、ニューズウィーク誌との合併を10年11月に発表したばかりのニュースサイト「デイリー・ビースト」は370万人、保守系のニュースサイト「ドラッジ・リポート」は170万人だ。

   ニューヨークのメディア調査会社では、

「ハフィントン・ポストの時価総額は3億ドル(約250億円)から4億5000万ドル(約370億円)。小さなプレーヤーには買収できない金額で、IPO(株式公開)のためには、大きなメディアコングロマリットが買収するしか道はない」

とみているが、具体的な身売りの話は、まだ出ていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中