「美人すぎるウグイス嬢」 「山Pの妹」政治家を目指す

印刷

   タレントの山下智久さん(25)の妹・莉奈さん(22)が、J-CASTニュースの取材に応じ、政治家を目指して、民主党・小林興起衆院議員(66)の政経塾入りしたことを明らかにした。話題になった「美人すぎるウグイス嬢」が、自ら語った胸の内とは――。

   東京都豊島区にある小林興起氏の地元事務所に、取材の電話をすると、応対したスタッフに代わって、山下莉奈さん本人が電話口に出てきた。

小林興起政経塾で「政治の勉強中です」

尖閣ビデオもブログの話題に
尖閣ビデオもブログの話題に

   2010年10月から小林興起政経塾の塾生として働いているとの報道があることを伝えると、「えっーと、どうなんでしょうか」。

   事務所内で聞きに戻った後、しばらくして「正式にスタッフとして採用されたということです。塾生としては、政治の勉強中です」とかわいらしい声で答えた。

   莉奈さんは、日大藝術学部在学中にグラビアモデルとして活動し、卒業後の4月から、無所属の鳩山邦夫元総務相の事務所で私設秘書として働き始めた。7月の参院選では、新党改革の比例代表として出馬・落選した邦夫氏長男の太郎氏の選挙スタッフに。選挙カーに乗る機会も多く、「美人すぎるウグイス嬢」として週刊誌などで紹介され、いずれ政界入りかと話題を集めた。

   ところが、その後、7月末で事務所を辞め、客室乗務員になりたい気持ちもあると報じられた。辞めた理由については、勤務時間が長過ぎるといったことのほか、一部週刊誌が事務所内でセクハラがあったと報じていた。

   そこで、なぜ事務所を辞めたのかを直撃すると、莉奈さんはこう話した。

「セクハラというのは、全然ないですよ。(太郎氏が)かわいそうで、そう言われるのは申し訳ないです。勤務時間が長いというのは、わたし的には、仕事というのはそういうものかなと思っています。なんで辞めたかについては、いろいろあり過ぎて、ちょっと言えません。客室乗務員になりたいと言ったというのは、本当に知らなくて、どこから出た話なのでしょうか」

    再び政治の勉強を始めたということは、莉奈さんは、ゆくゆくは政治家になりたいということか。

「う~ん、いやまだ、そんなことを言えるわけじゃなくて…いろいろ勉強したいということです。将来の夢は、具体的にはありません」

「わたしにとっては、普通のお兄ちゃんですね」

   ただ、興味がないわけではないといい、山下莉奈さんは、政治家への意欲をにじませた。地域医療や福祉、外交に関心があり、海外では特にアジアが気になっているという。自らのブログでは2010年11月6日、尖閣ビデオの問題も取り上げ、「政治家不在」の日本のあり方について指摘していた。

   蓮舫行政刷新相みたいになりたいと報道があったことについて聞くと、「それは参院選のときですよね。好きな政治家で尊敬しているので、そう言いました」と話した。

   莉奈さんは現在、事務所でちらし作りや街頭演説の手伝いなどをしている。11月末には、小林興起衆院議員のパーティーで受付をして、永田町で話題になったようだ。

   小林氏は、07年4月の統一地方選で、小林興起政経塾の塾生10人を東京都の区議選に立て、「美女軍団」と一部スポーツ紙で話題になった。うち7人が落選したが、日本テレビ系の人気番組「恋のから騒ぎ」13期メンバーで練馬区議選に出馬した倉田麗華氏ら女性2人が史上最年少の25歳で当選するなどしている。

   莉奈さんも、まずは興起チルドレンとして区議選に打って出る可能性があるかもしれない。

   「山P」こと山下智久さんの妹だからと見られることについては、「気になりますけど、本当のことだし仕方がありません」と言う。「都内の実家で兄も一緒に住んでおり、会うと『頑張れよ~』と言われます。わたしにとっては、普通のお兄ちゃんですね」

   現在は、グラビアなどの芸能活動はしていないといい、ブログは趣味で続けているとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中