オヤジギャグ満載のドタバタコメディ 水嶋ヒロ『KAGEROU』の評判

印刷

   俳優の水嶋ヒロさんの処女小説『KAGEROU』(1470円)が2010年12月15日、発売された。中身は当初の触れ込みとは大違いで、オヤジギャグ満載のドタバタコメディ。アマゾンでは厳しい評価が殺到しているが、発行部数は初日で43万部に達するという。

   水嶋さんは、齋藤智という名義を使い同作でポプラ社小説大賞に応募。大賞に輝いたが、賞金2000万円を辞退したことでも話題となった。

笑い所の分からないコメディ

厳しい評価も…。
厳しい評価も…。

   大体のあらすじはこうだ。会社をリストラされ、借金取りにも追われるヤスオが、41歳の誕生日を前に飛び降り自殺をしようとするが、その寸前に黒服の男に引き留められる。男は、臓器移植の仲介をする団体の人間で、自殺志願者のヤスオに、数千万円で臓器提供の契約を持ちかける――。

   帯には「哀切かつ峻烈な『命』の物語」と書かれていることもあり、一見シリアスな内容に思えるが、全体の雰囲気は明るい。文章は軽い感じの会話が多く、自殺を思いとどまった直後からヤスオが「イギリスならジンだな。イギリスジン、なっちゃって」といったダジャレを連発。本来なら感動的なはずのシーンにもこうしたオヤジギャグが多数挟まれており、笑い所の分からないコメディといった感じもする。

   また、物語後半で心臓病を患ったアカネという20歳の「美少女」が唐突に登場。純真で病弱な王道ヒロインだ。2人の関係を育むようなエピソードは殆どないにも関わらず、2回目に会ったときには瀕死のヤスオを膝枕で介抱。

   冴えない中年男性という設定なのに何故か若い女性に優しくされるのだ。「人を愛すると言うことはその人のために生きることであり、同時に死ねることだ。それをアカネが教えてくれた」というセリフは、水嶋さんの妻・絢香さんがアカネのモデルだと思わせる。

アマゾンでは厳しい評価、ヤフオクでも投げ売り

   この『KAGEROU』を発売日に書評家の大森望さんが『WEB本の雑誌』でレビューしている。普通の小説ではありえない設定が続出するが「脱力系ドタバタコメディ」で「コミカルなタッチなのでそれほど気にならない」とし、「主人公の愛すべきダメっぷりと文章の素人っぽさが相俟って、それなりに好感のもてる小説に仕上がっている」。また、文字が大きくて楽に読めるのも長所とし、「小説好きの読者には物足りないだろうが、ふだん本を読まない人には歓迎されそうだ」と書いている。

   アマゾンには早くもレビューが殺到。1日で100件以上書き込まれた。「嫉妬したくなる気持ちも分かりますが、普通にいい作品ですよ」といった好意的なものもあるが、「ストーリーは奇抜だが文章が追いついていなく思いつきだけで書いた印象」「とても『数年間該当なしだった大賞を得た大作』とは思えない」と厳しいものが多い。15日18時現在5点満点中平均2点となっている。また、ヤフーオークションにも既に100件近く出品されており、中には500円で投げ売り状態のものもあった。

   ポプラ社によると、発行部数は43万部に達し、現在注文の電話が止まらない状況だという。印税収入は6000万円にもなるという報道もあるが、水嶋さんはこの日夕方ツイッターに「皆様…本当にありがとうございます 書いて良かった…」と投稿している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中