冬のボーナス3年ぶりアップ 大企業平均77万4654円

印刷

   この冬のボーナスは3年ぶりに増加した。日本経済団体連合会がまとめた「2010年年末賞与・一時金大企業業種別妥結結果(加重平均)」によると、大手165社の組合員平均は77万4654円となり、前年に比べて2.52%増えた。

   業種別では、製造業(138社)が前年比3.33%増の75万2870円、非製造業(27社)は0.61%増の83万9092円だった。自動車や電機、食品、化学、繊維、非鉄・金属などで増えたが、鉄鋼やセメント、機械金属、造船、私鉄などでは減った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中