老舗高級ホテルもクーポン 50%、60%OFFは当たり前

印刷

   グルーポンに代表される共同購入クーポンサービスを活用する老舗高級旅館やホテルが増えている。その中には、長野県軽井沢の老舗高級ホテルの万平ホテルや加賀山代温泉で100年続く老舗旅館のホテル百万石といった名前も見られる。

   共同購入クーポンは、定価の50%OFF、60%OFFは当たり前。最大90%超ということもある。老舗高級ホテルの場合、安売りによってブランドイメージが損なわれる可能性もあるが、クーポンサイトにとっては「目玉」商品。ホテルによっては、そうそうあるチャンスではないようだ。

売り出し、即完売の老舗高級ホテル

老舗の高級旅館やホテルも「クーポンサイト」に登場(「トクー!ポン」の高級宿のページ)
老舗の高級旅館やホテルも「クーポンサイト」に登場(「トクー!ポン」の高級宿のページ)

   軽井沢の万平ホテルといえば、1894年に創られた亀屋ホテルが前身の、クラシックな佇まいの超高級ホテル。そんなホテルの宿泊券がリクルートが運営する割引チケットの共同購入サイト「ポンパレ」に登場した。通常価格10万3000円のコテージスイート(1~4人の利用)が、50%OFFの5万1500円で売り出された。30組限定。すでに完売だ。

   加賀山代温泉の老舗高級旅館の「ホテル百万石」の宿泊プランは、通常であれば1泊2食付2万5000円が実質60%OFFの9999円で、「トクー!ポン」で売り出された。

   こうした老舗高級旅館やホテルが共同購入クーポンサイトを活用するケースは増えている。「トクー!ポン」を運営するクーコムは、「老舗や高級宿にかかわらず、稼働率が下がっているなかで、多くのお客様に足を運んでいただくことでリピートにつなげていく。そのことを実現したクーポンの仕組みは、理にかなっていると思います」と説明する。

   ホテル百万石のケースでは、最近増えてきた中国人観光客が、尖閣諸島問題をきっかけにキャンセルが相次いだことで頭を痛めていた。その「穴埋め」として着目したのがこの共同購入クーポンだったという。

低価格の「恒常化」懸念

   前出の「トクー!ポン」で販売した老舗旅館や高級ホテルには、首都圏では栃木県湯西川温泉のホテル伴久や、群馬県水上温泉の水上高原ホテル200などがある。「安売り」とは無縁と思われていた老舗高級ホテルだが、その高級なイメージもあって、なかなか価格を下げられないでいた。それが景気低迷で悠長なことも言っていられなくなった。

   その一方で、共同購入のクーポンサイトは大人気。あるホテルの関係者は「繁閑期の集客方法として試してみた」と話しており、クーポンサイトは人数や期限を「限定」できるので導入しやすいという。マーケティングの「ツール」としても考えているようだ。

   半面、別の老舗ホテルの関係者は「低価格路線を続けていくわけではない」と説明。「さまざまなことを試してはいるが、何度もクーポンを使うようなことになると結果的に低価格が恒常化してしまう」と懸念する。

   そうなると、「誰もが一度は泊まってみたい」老舗高級ホテルがクーポンサイトに頻繁に登場することはない。クーポンサイトとしては「目玉」商品になり得る、人気の老舗高級旅館やホテルをいかに呼び込むかが腕の見せどころといえそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中