「ツイッター選挙運動」問題で金沢市長釈明

印刷

   金沢市長選(2010年11月28日投開票)で初当選した山野之義氏(48)の陣営が、告示後もツイッターを更新し続けていた問題で、12月20日に始まった12月定例議会の一般質問で説明を求める声が相次いだ。山野市長は、「支援者がどのような書き込みをしていたか把握していなかった」なとど釈明した。その上で、ネット上での選挙活動は公職選挙法に抵触するとの認識も示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中