取手事件容疑者に「事件起こしそうな人」  波紋呼ぶ「卒業文集アンケート」

印刷

   「一生独身そうな人」1位、「ストレスがたまりそうな人」1位――。取手駅通り魔事件を起こした斎藤勇太容疑者(27)が、高校時代の卒業文集でこのように紹介されていたことが波紋を呼んでいる。

   JR取手駅前で路線バスに乱入して女子高生ら14人に重軽傷を負わせた斎藤勇太容疑者だが、周囲からは「そんなことをするようには見えなかった」との声が出ているとも報じられている。

「どうみても公開イジメ」

   性格はおとなしく、物静か。読書が好きで、将来の夢は小説家だったとも。とても粗暴な振る舞いをするタイプではないということのようだ。

   ところが、茨城県立高校時代の卒業文集アンケートで、意外な一面も指摘されている。民放各局のワイドショーによると、このアンケで「ストレスがたまりそうな人」の1位に選ばれていたというのだ。また、「事件を起こしそうな人」のアンケも行われ、こちらは4位だったという。さらに、「一生独身そうな人」でも、1位に選ばれていた。

   報道によると、高校時代の斎藤容疑者は、友だちもなく孤独で、休憩時間には教室で1人座り、夏目漱石や太宰治の本を読んでいた。こうしたことから、ストレスの発散相手がなさそうで、考えていることが分からず暗くて怖いというイメージが作られたのかもしれない。

   これに対し、2ちゃんねるなどネット上では、生徒の見る目が確かなことに感心する声が上がる一方で、「どうみても公開イジメだろw」「多感な時期にこんなんされたら歪むわ」といった批判も相次いでいる。

   過去には、児童連続殺害事件を起こした女性容疑者が、高校時代の卒業文集アンケでひどい結果になっていたと話題になったことがある。「墓場入りが早そうな人」「すぐに仕事を辞めてしまいそうな人」でともに1位だったというのだ。また、福井県内の市立中学校では2008年5月、卒業文集に「将来ホームレスになってそうな人」「ヤンキーになってそうな人」などの順位が実名で記されていたと報じられ、学校側が謝罪して文集を回収する騒ぎになっている。

専門家「日本中のクラスでありうる」

   こうした卒業文集アンケが、全国の学校でどこまで広がっているのかは定かではない。しかし、事件を起こした少年らの卒業文集を分析している新潟青陵大学の碓井真史教授(社会心理学)は、日本中のクラスでありうると指摘する。

「昔は、サザエさんなどの世界のように、いろんなタイプの子がいても、みな友だちでお互いの個性を尊重していました。ところが、今は、クラスに馴染めないおとなしい子が集団から疎外されています。普通の感覚とズレている子を『物知り』などと一目置くのではなく、『本ばっかり読む変なヤツ』などとみなすわけです。豊かで便利な社会の副作用で、人間関係が作れず心の余裕が失われているからでしょうね」

   斎藤勇太容疑者について、碓井教授は、卒業文集アンケの結果からみると、疎外されるタイプに当てはまるとみる。そして、重大な事件を起こすのは、おとなしそうな人で優等生タイプが多いと言う。

「乱暴な人は、ストレスの解消相手がいますが、こうしたタイプは違います。社会で活躍できないとまず自分を責めるのですが、それがどこかで『悪いのは世の中だ』と矛先を向けるようになります」

   そのうえで、卒業文集アンケなどで疎外するのは問題だとする。

「確かに、ふざけっこが全部よくないと学校側が禁止すれば、人間関係そのものが作れなくなってしまう危険はあります。しかし、ふざけられた方が嫌がっていれば、してはいけませんね。今は笑えても大人になって文集をどう読めるのか、先生もアドバイスするべきでした」

   斎藤容疑者の出身高校の教頭は、取材に対し、卒業文集は生徒会が編集・発行したことを明かしたうえで、こう説明している。

「文集については、学校の事業ではなく、当時のことは分からないので、コメントする立場にはありません。いじめかどうかについても、何とも申し上げられません。現在は、文集を見て、誤解を招く内容はきちんとチェックしています」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中