「SMAP」中居が口にした 人生で最も嫌いな人物とは

印刷

   「SMAP」リーダーの中居正広さん(38)がテレビ番組で、人生で最も嫌いな芸能人はだれかと聞かれ、その人物の名前を口にしてモノマネも披露した。中居さんの声はテレビでは消され、誰なのかわからなかったが、スタジオではその名前に出演者達が驚いて大混乱状態に陥った。ネットでは中居さんのモノマネが「島田紳助にそっくりだった」という推測も出ている。

「本当に今考えると、お前だよ!!」

   中居さんが出演したのは日本テレビ系で2010年12月19日に放送された「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマス」。本来なら質問してはいけない事をあえて質問するという企画だった。その中で「クズだなぁと思った芸能人(実名)は?」という質問があり、さんまさんは島田紳助さんの名を挙げた。

「クズやろあいつ。オレの収入調べてんねやぞ。国債で金を増やしているとかワケの分からんウワサ流して、それでオレに金回せ言うんや」

などと話し、スタジオは爆笑に。

   中居さんは自分にはそう思う人はいない、と回答を拒んでいたが、いきなり思い出したようで、司会をしていた毒舌芸人の有吉弘行さん(36)の名前を挙げた。理由は彼にあだ名を付けられ、それが「偽SMAP」だったからだと説明。

「本当に今考えると、お前だよ!!」

と叫んだ。

   有吉さんはあだ名を付けるのが得意で、一種芸の域に達している。別のテレビ番組で、中居さんに付けたあだ名は「偽SMAP」だった。中居さんは「22年もSMAPをやっているのに偽はないだろう」と嘆いた。ちなみに有吉さんは「SMAP」メンバー全員のあだ名を付けていて、木村拓哉さんは「月9バカ」「ドラマバカ」、稲垣吾郎さんは「寿命短め」、香取慎吾さんは「マヨネーズビール」、草なぎ剛さんは「エラ呼吸」なのだそうだ。

   さらに質問は続き、これまでの人生の中で、一番嫌いな人の名前を発表することになった。さんまさんは、自分のことを「さんま」と分かっているのに、「いわし」と呼び続けた元日本テレビプロデューサーだと語った。中居さんは番組出演者の前で嫌いな芸能人の実名を言った。ただし、名前はスタジオにいる人だけが聞くことができ、テレビから流れる声は消された。その名にスタジオの出演者達は驚きパニック状態に。「絶対知られてはダメ!」といった声が乱れ飛んだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中