イチローが毎日食べた「鈴木家のカレー」登場 隠し味はインスタントコーヒー

印刷

   米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー選手が食べた「鈴木家のカレー」が、愛知県犬山市の日本モンキーパーク内にあるレストラン「シャングリラ」の冬季限定メニューとして登場した。

   母親の鈴木淑江さんが監修したカレーライスで、イチロー選手が少年時代に毎日のように食べていた「おふくろの味」でもある。

イチローにとって「懐かしい」味

イチローが少年時代に食べた「鈴木家のカレー」
イチローが少年時代に食べた「鈴木家のカレー」

   大のカレー好きで知られるイチロー選手が食べていた「鈴木家のカレー」は、牛肉と豚肉の両方を使用し、こだわりの隠し味に、細かく刻んで炒めたニンニクにインスタントコーヒー、ウスターソース、しょう油を使っているのが特徴。母・淑江さんが「いまでも日本に帰ってくると、必ず『作って』と言うんです」と明かす、イチロー選手にとっては懐かしい味だ。

   日本モンキーパークによると、この企画は地元・愛知県が生んだスーパースター、イチロー選手の10年連続200本安打を記念して、なにかできないものか検討していたときに浮かんだアイデアで、「イチロー選手のようになりたいと思っている子どもたちに食べてもらいたい」と商品化した。

   2010年12月20日に開かれた試食会で、父親の「チチロー」こと鈴木宣之さんは「イチローが世界で活躍できるようになったのは、このカレーのおかげ」とアピール。ロースカツやエビフライなどのトッピングメニューに、サイドメニューとして「鈴木家の特製ポテトサラダ」も用意した。

   日本モンキーパークは、「ホームページなどに『食べてみたい』といった声が寄せられています」と話す。販売期限は、2011年2月末までだ。

チチロー「レトルト食品」にも意欲?

   イチロー選手の「カレー好き」は、これまで多くのメディアが取り上げてきた。イチロー選手の私生活を追ったテレビ番組でも、妻で元TBSアナウンサーの弓子夫人の手作りカレーを毎朝食べているとのエピソードが披露されるなど、イチロー選手はいわば「朝カレー」ブームの火付け役ともいえる。

   しかし、そんなイチロー選手が食べているカレーのレシピはあまり知られていなかった。それが2010年9月24日放送のフジテレビの情報番組「とくダネ」で「公開」され、弓子夫人お手製の「愛妻カレー」にも土佐しょうゆや沖縄の塩などといっしょにインスタントコーヒーが入っていると紹介された。

   ところが、その後イチロー選手が、「公開」されたレシピは「全然違う」と反論。さらに、「最近は朝カレーをやめている」こともわかった。「チチロー」こと宣之さんは「(朝カレーをやめている件に)直接聞いていないが、そうなんでしょう」と話している。

   とはいえ、母親の淑江さんのレシピと弓子夫人のレシピは、インスタントコーヒーを隠し味に使っているところなど、似ていなくもない。

   いずれにしても、イチロー選手が食べていた「カレー」であることは確かで、宣之さんは「レトルト食品として発売するのもいいね」と意欲ものぞかせた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中