不振の米ヤフー社内大揺れ 首切りに事業縮小情報流出…

印刷

   米インターネット大手のヤフーが揺れている。検索サービスでは米グーグルに水をあけられて低迷が続き、人員削減に追い込まれた。そこへ、明らかにされていなかった事業縮小の情報が漏れてしまった。社内向けのプレゼンテーション資料がネットに流出。「実行犯」は、以前ヤフーに買収された企業の創業者だったというが、内部の協力者がいたかどうかは分かっていない。

   大手ポータルサイトとして米国のネット業界をリードしてきたヤフーだが、ここ数年は不振が続く。2008年以降は人員削減の実施や、創業者のジェリー・ヤンCEO(最高経営責任者)辞任が続き、米マイクロソフト(MS)による買収騒動まで起こった。

社内説明会用資料をツイッターで暴露

米ヤフー内部で何が起きているのか
米ヤフー内部で何が起きているのか

   2010年第3四半期(7~9月)は、コスト削減や事業売却益が寄与して純利益が前年同期比で2倍以上に増えたが、売上高は同1.6%と微増にとどまる。特に検索広告収入は7%減で、ライバルのグーグルとの差は開く一方だ。10年12月16日には、全社員の5%程度にあたる650~700人の人員整理が実施されると全米で報じられ、ヤフー側もこれを認めた。事業のスリム化の一環と見られるが、話はこれで終わらなかった。

   同時にヤフーは、複数のサービスを終了することも決定したのだが、これが正式発表や報道ではなく、内部資料がネット上に漏れ出すという形で伝わってしまった。社内説明会で使われたプレゼン資料の一部で、そこには「サンセット」、つまり廃止されるサービスとして、ブックマークサイト「デリシャス」や検索サービス「アルタビスタ」、SNSの「マイブログログ」など7つが示されていた。さらに6サービスが「統合」とされている。

   資料は、エリック・マクーリエ氏のツイッターで公開された。同氏は、実は「廃止」とされたマイブログログを立ち上げた人物だ。その後事業をヤフーに売却し、今はヤフーから離れているという。同様にツイッターでこの資料を公表したアンディー・バイオ氏は、「統合」に分類されたサービスの創業者で、やはりヤフーから離別した。

   これにはヤフーの「最高製品責任者」を務めるブレーク・アービン氏が激怒。ツイッター上で「どこで資料を入手したか明らかにしてほしい」と公開で質問したが、二人とも「ウェブで見つけた」「私が出所ではない」とシラを切っている。

解雇される社員にグーグルが触手

   サービス終了は事実なのか。ヤフーは米ウォールストリートジャーナルの取材に対して、「当社の合理化の一環として、業績の芳しくない事業や戦略から外れたサービスへの投資をストップし、核となる事業に集中する」と回答し、一部サービスの終了を認めたという。またアービン氏は、資料を外部に流出させた社員は解雇すると怒り心頭だったようだ。ツイッターで資料をさらした二人は、いずれも現在はヤフーと「無関係」のはず。ヤフー内に協力者がいなければ、資料の入手は難しいと見るのが普通だ。いずれにしろ重要情報の流出は、ヤフーの危機管理能力を問われる結果となった。

   廃止されるサービスとして挙げられた「デリシャス」は12月17日、ウェブサイト上で、ヤフーとは「決別」して別のパートナーを探してサービスを続けていく意思を明らかにした。一方、解雇される社員を採用したいという企業も出てきた。米質問サイト「クオーラ」には、「サンフランシスコ地域で、ヤフーを解雇された人材の採用に興味のある企業はありますか」との質問内容に、グーグルでウェブブラウザ「クローム」を開発するチームをはじめ多くの企業が投稿。ソフトウェア開発者やウェブデザイナーなどを広く募っている。

   業務縮小と相次ぐ人員削減で、重要情報まで流出――。このままいくとヤフーはジリ貧だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中