徳島県の田舎の洋菓子店が作った  「食べられるiPhone」大人気

印刷

   「iPhone」そっくりに作られた手作りクッキー、「食べられるiPhone」が人気を集め、注文が殺到している。注文を受けてから作り始めるため、時には3ヵ月待ちということもあるそうだ。徳島県の田舎の洋菓子店が作ったクッキーがなぜそんなに有名になったのか。

   徳島県板野郡藍住町にある洋菓子店「グリーンゲイブルス」の店主・工藤久美子さんが友人から頼まれ、このクッキーを作ったのは2008年10月。2010年2月から注文が大量に舞い込むようになった。

勝間和代、広瀬香美が「ツイッター」やブログで紹介

「食べられるiPhone」が話題になっている
「食べられるiPhone」が話題になっている

   「グリーンゲイブルス」は、ウエディングケーキやギフト用クッキーの店で、注文を受けてから手作りして販売する。2008年10月に友人から、アップル社の携帯デジタルプレーヤー「iPod touch」そっくりなクッキーを作って欲しいと頼まれた。「iPod touch」がよくわからなかった工藤さんは、「iPhone」を参考にクッキーを作った。間違いでも友人は喜んでくれたが、工藤さんはその後「iPhoneクッキー」の存在は忘れていた。

   2010年1月、東京から「iPhoneクッキーを作ってほしい」という注文の電話があった。「なぜ知っているの?」と尋ねると、「ホームページで見た」という。工藤さんは08年10月のブログに「iPhoneクッキー」の写真をアップしていたのだ。

   さらに思いがけない事が起こる。注文者は「iPhoneクッキー」を経済評論家の勝間和代さん、歌手の広瀬香美さんにプレゼントしていた。二人はクッキーの可愛らしさに感激し、「ツイッター」やブログで紹介、ネットで一気に広まった。すると10年2月以降、注文が殺到し始めた。

   「iPhoneクッキー」には「iPhone」を販売しているソフトバンクの孫正義社長も反応。10年3月にはソフトバンク創設30周年記念パーティーが催され、孫社長は工藤さんを招待した。孫社長に「iPhoneクッキー」とは別に自作の「iPhoneケーキ」を渡すと、「こういうのが一番嬉しいねぇ」と喜んだという。

「iPadクッキー」は割れる可能性が高い

   「iPhoneクッキー」はこれまで、全国の200人以上から注文があった。細かな作業が必要なため、仮にお店を休んでこれに専念したとしても、1日に20個も作れないそうだ。ちなみに「iPhone」の表面と裏面を似せたクッキー2枚一組で税込み2730円。注文の数で配送できる日が異なるが、10年12月27日の注文なら、11年1月中旬には届けられるという。

「うちはお客様のオーダーで様々なお菓子を作る仕事をしていますから、iPhoneに限らず、他の商品であっても、できる限り作っていきたいと思っています。ただし、可愛い感じになっちゃいますけどね」

と工藤さんは笑う。要望もあって、試しに「iPadクッキー」を完成させたが、販売は諦めたのだという。「iPadクッキー」は大きく、配送時に割れてしまう可能性が高いから。「iPhoneクッキー」でも作ること以上に配送時に「割れないようにする」のに注意を払っているそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中